タマディック 創業60周年に合わせ「設計十訓サインボード」の新幹線駅掲出を拡大

タマディックは2月、JR熊本駅・新八代駅・鹿児島中央駅コンコースの3カ所に、設計の心得とする“十訓”が書かれたサインボードを新たに掲出した。

これは、同社が創業60周年を機に掲出したもので、これまでに名古屋駅・静岡駅・浜松駅コンコースでも展開しており、今回新たに3カ所が加わったことで全国の新幹線駅計6カ所に登場することとなった。

タマディックは、1959年に設立した多摩技研を前身とする総合エンジニアリング企業で、サインボードに記載される「設計十訓」は創業者の森實千馬太氏が1957年に制定した。同氏の技術者としての実体験に基づいた設計の心得であり、制定から60年以上を経た現在でも社訓である「誠実創造」とともに社員に受け継がれているという。

同社では、今後も全国のサインボードを活用し、設計十訓と企業としてのものづくりに対する想いを伝えていくとしている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

  2. 2社の連携により、エレベーターサイネージと電車内サイネージを組み合わせた新広告プランが登場 大日本印…

  3. YouTubeLiveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から開催、ミマキ

  4. 布素材のプロファイル作成を可能としたIJ出力のカラーマネージメント、エックスライト社

  5. 昭和レトロなホーロー風看板で地元カレーをPR、岡山県総社市

  6. 渋谷駅に「文字だけ」の大型広告

  7. 全7面が常時シンクロする計815㎡の新媒体を4月末から正式稼働。渋谷の新しいシンボルとなるか、ヒット…

  8. 画像編集業務を効率化する最新機能を紹介、アドビ

  9. 関東圏の私鉄と4社目の業務提携を実現。実証実験で広告視認者数に基づいたデジタルOOH広告を配信、LI…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP