「CO2を100%削減した出力工場」でサイングラフィックスを生産する体制確立、イーストウエスト

創立50周年を迎えた大手総合プロラボのイーストウエストは2月17日から、神奈川・横浜に構える自社工場・新横浜ラボラトリーでの使用電力を「100%再生可能エネルギー」に転換。その温室効果ガスの削減量は、CO2換算で年間約50tにも及ぶ。ここでは、業界に先駆けて脱炭素への挑戦を掲げるイーストウエストの取り組みを紹介する。

同社では、2005年に国際規格・ISO14001(環境マネジメントシステム)を取得。その企業活動で培われたノウハウを生かし、2020年からはSDGsへの貢献に向けた事業展開を推進している。

SDGsの推進にあたっては、サスティナビリティを追求する上で、次のように3つの大きな目標を掲げている。

  • 温室効果ガスの排出による影響の低減
  • 石油資源の消費および廃プラの削減
  • 環境汚染や健康被害が懸念される有害物質の使用低減

これらを達成するため、環境負荷の低いメディアやインクを選定し、積極的に顧客への提案を重ねてきた。併せて、従来のオンデマンドプリントに加え、CGやデジタルサイネージの有効性を訴求。環境負荷の低減にとどまらず、PR効果の向上という相乗効果も生んでいる。

そして同社は、今回の「100%再生可能エネルギー」への転換によって、さらにダイレクトに脱炭素へ取り組んでいく。実際に供給される電力は「RE100プロジェクト※1」の規格に準拠した「再エネ利用率100%」の環境価値を備えたものだ。

この取り組みは、電力小売会社・UPDATER(旧みんな電力)の協力で可能としている。発電事業側と需要側の情報は、UPDATERのブロックチェーンシステムによるトラッキング技術で30分ごとにマッチング。これにより、トレーサビリティ付きの再エネ電力取引を実現した。

昨今、業界内でも環境配慮型のプリンターやメディアを積極採用する企業は多くなりつつあるものの、出力工場の使用電力を「100%再生可能エネルギー」に転換しているケースは極めて少ない。エンドユーザーからは、「CO2を100%削減(CO2排出係数ゼロに)した工場で生産している」ことに驚きの声が挙がるほどだ。

これにより、環境意識の高い企業であればあるほど、同社に対する信頼は大きく増す。海外展開する化粧品やアパレルブランドを主要顧客とするため、その投資に対する効果は決して小さくないとうかがえる。

同社ではこの取り組みにより、環境配慮素材にCO2排出ゼロでプリントすることが可能になるため、顧客のブランドイメージ向上に役立つサービスを提供できるとしている。担当者は「これから業界の将来を考えた際、受発注する両者ともにサスティナブルに対する意識を強く持ち、そういった空気を市場全体に浸透させていくことが大切ではないでしょうか」と話す。

今後は、東京・目黒の本社で使用する電力についても、カーボン・オフセットの導入を視野に入れる。「いつの時代も、会社の付加価値を高めるためには、マーケットの先端を見極めていく姿勢が肝要だと考えています。エンドユーザーからも環境への配慮を求められるなか、その声に応えられる企業であり続けたい、このような思いから自社工場の稼働電力を100%再生可能エネルギーに転換したのです」(取締役社長・栄 正実 氏)

※1 事業で使う電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す世界的な企業連合

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 京急120周年 リラックマ15周年とコラボ。駅名看板や電車・バスの車両が特別デザインに

  2. 東京都内の再開発エリアで仮囲いの広告スペースを販売開始、ビズパ

  3. 大谷選手が記録した約164kmのストレートを疑似体験。W45.6mの横長LEDビジョンを駆使した広告…

  4. 新宿駅通路に横幅45m超えの巨大デジタルサイネージを新設。来春から配信開始、JR東日本

  5. 屋外広告の効果をリアルタイムで可視化できるクラウドサービスが原宿表参道ビジョンと連携開始、パス・コミ…

  6. 【レポート】木曾福島地区に江戸情緒を取り戻したい。木彫看板で紡ぐ地元デザイナーの心意気

  7. 約30年振りとなるデザイン変更。駅新設に合わせて駅名・案内サインの全面的なリニューアルを実施 北大阪…

  8. 日比谷に118.5mの巨大ゴジラが登場!? 日本初の屋外イベント

  9. 常識覆す、8面の大型看板で景観調和を図ったホテル

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP