最新プリントヘッドGen6搭載の幅広いユーザーニーズに適応するスーパーワイドロールUV機を発売、マルコプラン

大型インクジェットシステムの輸入販売を手がけるマルコプランは5月10日、国内でも産業用IJPの販売実績を持つ台湾のリンター社と日本総代理店契約を締結。このほど、UV-LED硬化型インク搭載のスーパーワイドプリンター「RAPTOR 2」の本格的な国内販売を開始した。

今回リリースしたRAPTOR 2は、プリント素材の特性ごとに合わせた吸着調整を自動化するメディアテンションコントロールシステムにより、さまざまな素材に対して高速かつ高品質なインクジェット出力を実現。ラインアップは、3.2m幅ロール機「P3」と5m幅ロール機「P5」の2種を用意し、P3の参考価格は1,590万円(税別)と、スーパーワイドのUV機としては導入のハードルが格段に低く設定されている。

さまざまな出力素材に自動でバキュームを最適化

プリントヘッドは、リコーの最新モデル「Gen6」を採用。ヘッド搭載数は4〜20基と広範に選べるため、その生産量や出力物などユーザーそれぞれの用途に合わせたスペックを提供できる。さらに、Gen6ならではの5plのドットサイズによる高解像度はもちろん、ヘッド6基のプロダクションモードで60㎡/h(3.2m幅の場合)という優れた生産性も見逃せない。

純正インクは、屋外耐候3年かつ高光沢の「H7」、エンボス加工に適した高硬化の「S3」、最大伸長率150%の「S6」の3タイプを用意。いずれも耐候性と擦過性に優れるのはもちろん、UVインク特有の臭いがほとんどせず、廃液の量も極めて少ない。

カラーはCMYKの4色をはじめ、Lc/Lmを加えた6色、それぞれにWを追加した合計4パターンから選べる。さらに、S3とS6インクであればバーニッシュも用意。ユーザーの要望に合わせた幅広い選択肢と、コストパフォーマンスの高さを両立するインクジェットシステムとなっている。

同社では2023年内を目処に、ロールとフラットベッドの兼用機をラインアップに追加し、RAPTOR 2の国内販売を加速させていく構えだ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. スマホ内で応援広告の掲出を完結できるオンラインサービスを開始。応援広告事業のさらなる強化へ ジェイア…

  2. UV機のフラッグシップモデル「UCJV330シリーズ」を10月に発売。5層印刷をはじめ2.5Dや透か…

  3. 常識覆す、8面の大型看板で景観調和を図ったホテル

  4. JBMIA 国内初、大判インクジェットプリンターのメーカー部会設立

  5. 渋谷のポスター連貼り媒体に、リサイクル可能な新素材を採用

  6. JR山手線利用者に自動で広告をプッシュ通知できるWebプラットフォームのテスト運営が開始、スイッチス…

  7. 夜を彩るネオンとサインを展示した写真展を開催、横浜市

  8. 電子看板で昼間の外出を抑制。コロナ感染拡大前と比較した人出の減少率を主要4駅で表示、東京都

  9. 大手ニュースアプリと連携しシームレスにサンプル商品を受け取れる広告パッケージのテスト販売を開始、JR…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP