UV IJPで6m越えの巨大天井絵を再現。葛飾北斎の「八方睨み鳳凰図」が新宿に登場、ローランド ディー.ジー.

ローランド ディー.ジー.(以下、ローランド)は6月1日、画家・葛飾北斎の作品展覧会、「Digital×北斎」特別展にて、代表作のひとつである「鳳凰図」の高精細デジタル復原画制作に協力したと発表した。特別展は翌2日から7月3日(日)まで、東京・新宿のNTTインターコミュニケーション・センターで開催されている。

同展は、NTT東日本が主催し、NTT ArtTechnologyが企画・運営する美術展。かつて葛飾北斎が1800年代に描いたとされる「鳳凰図」を実物大のレプリカで復元・展示し、まるで当時にタイムスリップしたかのような雰囲気を楽しめるようになっている。

「鳳凰図」とは、長野県上高井郡にある寺院・岩松院本堂でかつて葛飾北斎が描いた天井絵。「八方睨み鳳凰図」とも呼ばれ、奥行5.5×間口6.3mと巨大な作品でありながら、燃えるような赤を基調とした猛々しい鳳凰が細部にわたり描かれている北斎の代表作のひとつだ。

この絵をデジタル化したのは、NTT ArtTechnologyのパートナー企業であるアルステクネ。絵画から情報を読み取ってデータ化する独自の特許技術「高品位三次元質感画像処理技術DTIP」を用いて、図像や色彩はもとより、質感、立体感、サイズまで再現したそうだ。

ローランドはその約300億画素にも及ぶ復元データをもとに、高精細復原画を制作。同社のUV-LED硬化型インク搭載のIJP「LEC2-640」によって、原寸大で出力された。

鳳凰図を出力した、UV-LED硬化型インク搭載のIJP「LEC2-640」

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. UVインク搭載機「UCJV300」シリーズと粘着剤付化粧フィルム「パロア」の活用方法を学べる施工実演…

  2. オールホワイトのノアルクスWと両面使いのソレイタEを発売、藤田産業

  3. 卒業生の門出を祝い車内を先生たちからの贈る言葉で埋め尽くした特別車両「贈る言葉ッス」の運行をスタート…

  4. 防音・防塵シートを屋外広告の媒体化した新たなマッチングサービス

  5. 画像編集業務を効率化する最新機能を紹介、アドビ

  6. Z世代で人気爆発中の漫画「光が死んだ夏」の巨大屋外広告がJR新宿駅に登場。仕掛け印刷による独自演出で…

  7. 誰でも簡単に取り付けられる軽量ピクトグラムサインに新デザイン12種類が登場、西崎ベース

  8. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会

  9. 番外編 日本唯一のレゴ認定プロビルダーによる新作3点とは

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP