閉じる
  1. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  2. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  3. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
閉じる
閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  6. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  7. youtube Liveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から…
  8. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン…
  10. ソーシャルディスタンスに関するPOPデザインを無料配布、スギタプリディ…
閉じる

看板経営.com

世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート

世界シェアトップの広告代理店であるWPPグループ傘下のグループエムは22日、2020年と2021年における世界的な広告業界の動向に関する中間予測レポートを発表した。

これによると、新型コロナウイルスの影響で、世界の広告市場は2019年の前年比6.2%増加に対し、2020年には11.9%減少に転じる見通しとなっている。ただし、2021年は米国以外の情勢をもとに集計すると8.2%、米国を含めても5.9%成長すると前向きな予測になった。2021年予測を国別に見ると、米国が0.9%減少、中国が9.2%増加であるものの、上位10カ国のほとんどが2桁成長を見込む。内訳として、日本15%、英国12.6%、ドイツ10.6%、ブラジル15%、オーストラリア25.2%の成長予測。

全媒体の7%シェアを占める屋外広告は、2019年の市場規模が400億米ドルで、うち120億ドルがデジタルメディアである。2020年は、新型コロナウイルスの影響で社会活動が制限されたことにより、デジタルメディアを含め約25%の減少を見込む。しかし、翌2021年には14.9%の成長と部分的な回復が予想できるとしている。2021年以降は1桁台の成長が続き、次第にシェアを落とす一方で、大手ブランドが予算割り当てを増やすと強調している。

>>>グループエムのレポート原文はこちら

関連記事

  1. 東急電鉄 渋谷を丸ごと屋外広告の媒体化。来春の本格運用へ

  2. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入…

  3. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サイ…

  4. 防音・防塵シートを屋外広告の媒体化した新たなマッチングサービス

  5. 【IGAS2018 レポート.1】ミマキエンジニアリング、リコー…

  6. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ
ページ上部へ戻る