世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート

世界シェアトップの広告代理店であるWPPグループ傘下のグループエムは22日、2020年と2021年における世界的な広告業界の動向に関する中間予測レポートを発表した。

これによると、新型コロナウイルスの影響で、世界の広告市場は2019年の前年比6.2%増加に対し、2020年には11.9%減少に転じる見通しとなっている。ただし、2021年は米国以外の情勢をもとに集計すると8.2%、米国を含めても5.9%成長すると前向きな予測になった。2021年予測を国別に見ると、米国が0.9%減少、中国が9.2%増加であるものの、上位10カ国のほとんどが2桁成長を見込む。内訳として、日本15%、英国12.6%、ドイツ10.6%、ブラジル15%、オーストラリア25.2%の成長予測。

全媒体の7%シェアを占める屋外広告は、2019年の市場規模が400億米ドルで、うち120億ドルがデジタルメディアである。2020年は、新型コロナウイルスの影響で社会活動が制限されたことにより、デジタルメディアを含め約25%の減少を見込む。しかし、翌2021年には14.9%の成長と部分的な回復が予想できるとしている。2021年以降は1桁台の成長が続き、次第にシェアを落とす一方で、大手ブランドが予算割り当てを増やすと強調している。

>>>グループエムのレポート原文はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 高速プリンターと大径リワインダーを連結させた国内初となる大量生産システム、LSS

  2. 国内最大の業界見本市「サイン&ディスプレイショウ」、2021年3月にオンラインで開催

  3. オフィスの改装を記念してスティーブ・ジョブズ氏の写真展を開催。新社屋ではハード面を大幅に刷新し働き方…

  4. IJメディアの人気シリーズ「バンドーグランメッセ」からエア抜け性能を高めた簡易施工タイプが新登場、バ…

  5. コロナ禍で頑張る受験生のリアルな声を全面に描いた屋外広告を渋谷で実施、明治

  6. 最速70㎡/hの生産性とローコスト化を実現した1.6m幅の昇華転写プリンター「TS100-1600」…

  7. 電子看板で昼間の外出を抑制。コロナ感染拡大前と比較した人出の減少率を主要4駅で表示、東京都

  8. 仕掛け印刷「トリックプリント」のビジネス活用法が学べるオンラインセミナーを開催、フジテックス

  9. 機能性をインクを新搭載し、前後処理加工をプリントと同時に行え、生産効率を飛躍的に高めるデジタル捺染機…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP