大阪・関西万博をPRする屋外広告が大阪市に登場。イメージキャラクター・ミャクミャクがSDGsの重要性を啓蒙、OSGコーポレーション

機能水の総合メーカー、OSGコーポレーションは10月3日、大阪市天王寺区の屋上広告塔に「大阪・関西万博」を告知する屋外広告を掲出した。万博の公式イメージキャラクター・ミャクミャクがメーンビジュアルとなっている。

これは、2025年に開催されるイベント「大阪・関西万博」をPRする屋外広告。公益社団法人2025日本国際博覧会協会の主催するプロモーション企画に賛同した同社が、万博の機運醸成を目的にして展開したという。

ミャクミャクを大きくあしらったデザインによって、「皆で一緒になって、持続可能な取り組みに取り組んでもらいたい」という同社のメッセージを込めているそうだ。

同社は1970年、大阪万博が開催された年に創業。それ以来、「環境」と「健康」を企業理念に事業を展開し、2025年には55周年を迎える。海洋プラスチック汚染問題など、物資の使い捨てから生まれる社会問題の深刻性を啓蒙する活動「ステハジプロジェクト」を推進するなど、かねてより持続可能な取り組みを積極的に行っており、今回の「大阪・関西万博」においても、共創パートナーとして認定されている。

今回の屋外広告を通して、より一層、SDGsの重要性を伝えていきたいと意向を示した。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 大阪市 京橋駅・駐輪場の屋外壁面に設置する広告事業主を募集

  2. 阪神電車で車両内ジャック広告など大規模展開を来年1月からスタート 古野電気

  3. ワンタッチで表示面を切り替えられる1枚2役の幕製品をECサイトで販売開始、ハクロマーク製作所

  4. 43%が「屋外広告を意識して見る」。オリコミサービスの屋外広告に関する意識動向調査

  5. 「バーチャルサイネージ広告」の実証実験を開始。Web上に再現された実在空間に広告を放映、表示灯

  6. メトロ アド 3ミニッツと実証実験。電子看板で店舗の在庫情報をリアルタイム配信

  7. NewDays電子看板が243駅650台の大規模ネットワーク化

  8. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森

  9. 成田空港UD基本計画が決まる。サインは建築空間と一体的に検討

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP