デジタルサイネージで注目集まる「空中ディスプレイ」を世界初の非接触型POSレジとして開発、セブン-イレブン

セブン-イレブン・ジャパン、アスカネット、神田工業、東芝テック、三井化学、三井物産プラスチックの6社は2月1日、空中ディスプレイを採用した非接触のキャッシュレスセルフレジ「デジPOS」の実証実験を都内のセブン-イレブン6店舗で開始した。

今回採用した空中ディスプレイとは、空中に浮かんだ映像を手で触れずに、タッチパネル操作可能なディスプレイのことで、「ディスプレイ」「光学素子(空中ディスプレイプレート)」「センサーの各モジュール」の3つで構成している。

空中結像がタッチパネル代わりに

昨今、空中ディスプレイはデジタルサイネージをはじめ、ホテルやオフィスの受付機などで採用が進む。POSレジでの実証実験は世界初の取り組みとなる。

セブン-イレブンの空中ディスプレイには、アスカネットが販売する「ASKA3D」に三井化学の「ストラクトボンド XMFシリーズ」を起用。このストラクトボンド XMFシリーズは透明性に優れ、かつ貼り合わせる樹脂の屈折率に適応できるシール材で、ASKA3Dが映し出す空中ディスプレイの高画質化に貢献している。

これらにより、レジ画面を空中に結像し、空中に浮かんだ映像をタッチパネルと同様に操作することを実現した。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. Yahoo! フォローを特殊広告でPR

  2. 新製品のパッケージをキービジュアルに、発見・発明を生むブランドとしての姿勢を伝えるOOHを展開 ポー…

  3. ゴジラの生誕70周年を記念し、1/6スケールの巨大オブジェが登場。熱線を吐く様子を撮影できるARイベ…

  4. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏

  5. スマホのプッシュ型広告と駅のデジタルサイネージによる交通広告をパッケージ化、アド近鉄

  6. 2018年世界の総広告費は6135億ドルと過去最高の見込み

  7. サッカー日本代表の応援プロジェクトとして渋谷スクランブル交差点の7面ビジョンをジャック JFA

  8. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、ミマキ

  9. 【レポート】2年越しの想い 卒業制作で飫肥杉を使った北郷温泉看板製作、北郷小中学校

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP