「SIGN EXPO 2023」が6月14〜16日に大阪南港ATCホールで開催。サイン業界関連企業49社が集結 近広連

西日本最大の広告資機材展「SIGN EXPO 2023(第38回広告資機材見本市)」が、6月14日(水)~16日(金)の3日間、大阪・住之江の大阪南港ATCホールで開催される。主催は、近畿屋外広告美術組合連合会。49社の業界関連企業が出展する予定だ。【写真は前回の様子】

今回のテーマは、「次代をひらく未来への提案」。関西を中心とした多彩な企業が、サインに関連するあらゆる商材と情報を提供していく。

コロナ禍の影響もあり、3年振りの開催となった前回では、低溶剤やラテックス、UVインクを搭載したさまざまな最新プリンターが登場。そのほか、サステナビリティを意識したIJメディアや、簡易操作と省人化を重視した各種加工機など、時代のニーズをとらえた資機材が集結していた。今回も、「次代」を見据えたさまざまな商品が軒を連ねる予定だ。

さらに会期中には、デジタルカッティングマシンや大判3Dルーター彫刻機といったマシンの活用方法を紹介したり、ドローンによる看板点検について学べたりする多彩なセミナーも同時開催。併せて特別企画として、日本カーラッピング協会主催の車両装飾に関する国内大会「FESPA World Wrap Masters JAPAN 2023」も会場内で実施される。

>>>「SIGN EXPO2023」の詳細はこちらから

セミナーの細かい日程は以下の通り
■6月14日(水)
・11:00~12:00
ZUND最前線~スイス製デジタルカッティングマシン「ZUND」のワークフローや導入メリット・ユーザー事例の紹介
講師/セルカム株式会社

・13:00~14:00
材料センサー搭載 国産高精度大判3Dルーター彫刻機の活用方法
講師/株式会社テクノロジック

■6月15日(木)
・11:00~12:00
いつでもどこでも測った色を共有 そして。Adobe Illustratorでも利用可能に。―Epson Cloud Solution PORTとSD-10の新活用事例紹介
講師/エプソン販売株式会社

・13:00~14:00
ドローンの看板点検活用・並びに国家ライセンス制について
講師/株式会社プロクルー

■6月16日(金)
・11:00~12:00
看板事故・サイバー攻撃に対する保険の重要性
講師/一般社団法人日本屋外広告業団体連合会

・14:00~15:00
サイン業者におけるValue Creationという考え方
講師/株式会社ダイカン

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 漫画「明日、私は誰かのカノジョ」の名シーンを関西弁に変換した交通広告が大阪・なんば、心斎橋エリアの各…

  2. 印刷業界の新ビジネス構築に役立つリアルセミナーを開催。大判プリンターと仕掛け印刷による新たな付加価値…

  3. 京都駅の大型サイネージで京都四大行事のイメージ映像を放映、JR西日本コミュニケーションズ

  4. 紙製什器の印刷に最適な水性顔料インク搭載機が国内初導入。大手ディスプレイ企業・リンクスでオープンセミ…

  5. 銀座三越 増加する外国人観光客に向け、5ヵ国語対応のDS設置

  6. 媒体の選定から購入、掲出までチャットで完結できる広告枠専門のWebサイト「カンバンモール」のベータ版…

  7. 空港での広告接触によるブランドリフト効果を調査、その結果を明らかに PORTO

  8. 60超の業界関連企業が集結するオンライン展示会を開催、サインの森

  9. 大手町、丸の内、有楽町エリアに「まちの一部を切り取った」266枚のアートフラッグを掲出、大丸有エリア…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP