日本美術を飾る成田国際空港のミニギャラリー拡張。3Mのペイントフィルムが採用される

スリーエムジャパンは2月18日、東京国立博物館所蔵の美術作品が掲出されている成田国際空港のミニギャラリーに、コマーシャルグラフィック製品の「3M スコッチカル ペイントフィルム」が採用されたと発表した。

このミニギャラリーは、外国人観光客へのおもてなしの空間として、第1ターミナル地下コンコースの壁面などを利用して2017年8月に開設。今回、ミニギャラリーを隣接エリアまで拡張するにあたり、凹凸面への追従性が特徴である「3M スコッチカル ペイントフィルム」にインクジェット出力し、凹凸があるタイル仕上げの壁面や天井面に貼り付けたという。

拡張エリアには、新しく重要文化財の東洲斎写楽による浮世絵「三代目大谷鬼治の江戸兵衛」をはじめ、12点の日本美術を掲出している。インクジェット出力による再現のため、塗装や乾燥といった工程が不要で、臭いによる制約も生じず、空港利用者の往来を妨げることなく作業が進められたとしている。

実際の現場施工シーン

同社グラフィックス&アーキテクチュラルマーケット事業部グラフィックスマーケットマーケティング部の芥川智思マネジャーは次のように話す。「成田国際空港では、大きいスケールで日本の美術品を訴求できるよう、壁面、天井面の利用を提案した。これは、凹凸がある場所にも利用できるペイントフィルムならではと言える。ビルを丸ごとラッピングするような事例もあり、このようなパブリックスペースでインパクトを与える手法として、プロモーション活動などにも採用を働きかけていきたい」

ミニギャラリーの拡張で新たに掲出された12点の作品は以下のとおり。
「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」東洲斎写楽筆(重要文化財)、「歌舞伎図屏風」菱川師宣筆(重要文化財)、「婦女人相十品・ポッピンを吹く女」喜多川歌麿筆、「江戸三美人・富本豊雛、難波屋おきた、高しまおひさ」喜多川歌麿筆、「め組の喧嘩」豊原国周筆、「三代目沢村宗十郎の大星由良之助」歌川国貞(三代豊国)筆、「名所江戸百景・両国花火」歌川広重筆、「雨夜の宮詣」鈴木春信筆(重要美術品)、「市川鰕蔵の碓井荒太郎定光」歌川国政筆、「雲中富士」横山大観筆、「源氏物語図屏風(絵合・胡蝶)」狩野<晴川院>養信筆、「見返り美人図」菱川師宣筆

関連記事

展示会情報

10月 2020
日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
2020年9月27日2020年9月28日2020年9月29日2020年9月30日 2020年10月1日

カテゴリー: 国内10:00 AM: S&Dショウ2020【開催中止】

2020年10月2日

カテゴリー: 国内10:00 AM: S&Dショウ2020【開催中止】

カテゴリー: 国内10:00 AM: オーダーグッズビジネスショー2020

2020年10月3日

カテゴリー: 国内10:00 AM: S&Dショウ2020【開催中止】

カテゴリー: 国内10:00 AM: オーダーグッズビジネスショー2020

2020年10月4日2020年10月5日2020年10月6日 2020年10月7日

カテゴリー: 国内All day: 東京ギフトショー秋2020

2020年10月8日

カテゴリー: 国内All day: 東京ギフトショー秋2020

2020年10月9日

カテゴリー: 国内All day: 東京ギフトショー秋2020

2020年10月10日
2020年10月11日2020年10月12日2020年10月13日 2020年10月14日

カテゴリー: 国内9:00 AM: あいち看板フェスタ

2020年10月15日

カテゴリー: 国内9:00 AM: あいち看板フェスタ

2020年10月16日2020年10月17日
2020年10月18日2020年10月19日2020年10月20日2020年10月21日2020年10月22日2020年10月23日2020年10月24日
2020年10月25日2020年10月26日2020年10月27日2020年10月28日2020年10月29日2020年10月30日2020年10月31日
ページ上部へ戻る