インタラクティブな体験型展示イベントを7月25日と26日に開催 エプソン販売とSO-KEN

エプソン販売とSO-KENは7月25日(火)と26日(水)の両日、インタラクティブな体験型展示イベント「あっと驚く体験型プリントテクノロジーのアイテム展」&「ブルーオーシャンに参画できる新規事業開発の体験セミナー展」を東京・赤坂のエプソンクリエイティブスクエア赤坂で開催する。入場は事前登録制となっている。

>>>申し込みはこちらから

25日は印刷関連やサイン出力会社に向けて、「サイン出力で狙える新天地、急成長する体験型エンターテインメント市場『プリンテッドXR展』をテーマに展開。新規事業開発・新分野進出の応援イベントとして、セミナーでは印刷関連会社であれば人材や設備を兼用しながら推進できる新規事業開発を提案する。ターゲットとする市場は、急拡大中の「体験型エンターテインメント市場」で、プリンティングでの参入は競争優位性が高く将来性を見込める市場であると紹介していく。

さらに、事業再構築補助金との親和性も高い新規事業になるため、これまで申請したくても対象外だった、申請しても不採択になってしまった、または新事業の資金調達に課題を抱える、といった事業者には必見の内容だ。申請書の書き方を分かりやすく下書きした参考資料も提供する。

会場では、TrickPrintの出力デモも実施する予定で、生産工程の確認やより詳しく技術についての理解も深められる。

エコソルベントプリンター「SC-S80650」。左がフラッシュ撮影前、右がフラッシュ撮影後

フラットベッド型のUV プリンター「SC-V7000」

26日は展示ディスプレイ企画や広告イベント企画会社に向けて、「ARやデジタル体験展示の代替技術のご案内『プリンテッドXR展』をテーマに実施。インタラクティブ化の代替技術や、クリエイティブ表現の新たな手法の体験展示を行う。

これまで予算内でできなかったインタラクティブな施策や世界観演出の疑似再現など、諦めていたやりたかったコトを実現する新たな手段を提案していく。人の滞留を抑えたいシーンに最適で、予算や場所に制限があるなかで、もう1つ施策を追加したい時に最適な演出として解説する。

スマホでのフラッシュ撮影でビジュアルが切替わる展示

ヘッドランプを装着すると神秘的な世界が現れる天井パネルも展示

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「つながり難民」世代の学生を救うコミュニケーション促進アプリ「noplan」のPR広告が東京メトロ・…

  2. 来年2月1日に「サクライフェア 2024」を開催。最新大判プリンターや環境対応IJメディアなどを一堂…

  3. 「ポケコロ」の個性豊かなアバターが並ぶ巨大デジタル広告をJR新宿駅構内で展開、ココネ

  4. 新宿駅にZ戦士が大結集。悟空がフラッシュで“変身”する広告に話題沸騰

  5. 札幌市 看板の点検を義務化へ。違反者には罰金30万円以下

  6. ZUNDシリーズの魅力に迫るイベント「ZUNDユーザーサミット」を東京オフィスで開催!スピード・安定…

  7. シャープ 24時間稼働するパソコンレスの電子看板を発表

  8. サイネージの設置で約1.5倍の集客アップを達成。スーパー・三浦屋のイノベーションをデザイン、施工、D…

  9. 2022年7月版「世界の広告費成長率予測」を発表。2年連続の成長見込みでコロナ禍以前を超える予想、電…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP