東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー

東京地下鉄関連の総合広告代理店、メトロアドエージェンシーは4月、Yahoo! JAPANが運営する広告展開システム「チラシビジョン」と提携。東京メトロ主要駅のデジタルサイネージ広告を、Yahoo! JAPANを通して23区に同時配信できる新たなサービスを開始した。

「チラシビジョン」とは、Yahoo! JAPANが手がける広告配信サービス。かつて広告主が制作したチラシやWebサイトなどのデータをもとに、PR動画を作成できるものだ。それをテレビやデジタルメディアをはじめとしたさまざまなメディアで活用できるほか、費用対効果の測定といった分析も可能となっている。

5Gの普及が進むなど、ますます拡大を続ける動画広告の市場。しかしながら、予算や制作工数の関係上、安易に取り入れられない企業も多いのが現状だ。同サービスであれば、限られた予算内であっても、首都圏全域にアプローチした広告展開が可能。メトロアドエージェンシーは、東京メトロに掲出されているデジタルサイネージ広告のさらなる認知拡大と、広告効果の促進を期待しているという。

>>>「チラシビジョン」の詳細はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 13年振りの新CM公開に合わせて女優の北川景子さんと切り絵作家の蒼山日菜さんによる「ムーンライト”切…

  2. KNOCK OUT 交通広告でアピール

  3. ヘソプロダクション チェブラーシカの飛び出す看板を先行販売

  4. 日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

  5. 災害時の緊急避難場所を示す巨大な壁面アートが登場、東京都渋谷区

  6. ザイマックス センサによる看板の見守りサービスを正式リリース

  7. 札幌市 看板の点検を義務化へ。違反者には罰金30万円以下

  8. ミラー型タッチパネルディスプレイのレンタル開始

  9. 小田急 新型特急ロマンスカー・GSEで新宿駅を全面ジャック

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP