ヘソプロダクション チェブラーシカの飛び出す看板を先行販売

オリジナル商品の企画・制作・販売を手掛けるヘソプロダクションは2月1日、ロシアで生まれた人気キャラクター「チェブラーシカ」の飛び出し注意看板の先行販売を開始した。

飛び出し注意看板とは、車の交通量が急激に増えた高度成長期である1973年に、子どもの飛び出し事故を防止するため、滋賀県で製作された注意喚起サインだ。大きく書かれた子どものキャラクター「とびだしとび太」は高い視認性を持ち、運転者に事故への意識を呼び起こさせる。

今回は、「チェブラーシカ」の映像化50周年特別記念企画して、同キャラクターをサインの意匠に採用。開発当時から携わっている地元滋賀県の看板製作会社、久田工芸が製作を行った。「チェブラーシカ」が脇道から駆け出してきたようなデザインが、話題を呼んでいる。

とびだしとび太のデザインイメージのままに、チェブラーシカが手書きで製作された(とび出しとび太:©久田工芸、チェブラーシカ:©2010 Cheburashka Movie Partners/Cheburashka Project.)

製作期間は、約2ヶ月。手描きでのデザイン描き起こしから、色付け、仕上げまで、作業はすべて手作業で行われた。サイズはH600×470㎜(最大)。

このほか、映像化50周年を記念したさまざまなイベントを実施している。2月からは全国各地のマルイ4店舗と提携し、イベントブースを設置。第1弾は丸井吉祥寺店で、11日まで開催。順次、博多マルイ、なんばマルイ、北千住マルイで開催される。

飛び出し注意看板は、イベントブース内のショップで、限定5体の販売となる。今後は、50体を製作予定だが、一体ずつ手作業のため、現在は正式な販売方法を模索中だ。

「チェブラーシカ」は、ロシアの児童文学家エドゥアルド・ウスペンスキーによるシリーズもの絵本「ワニのゲーナ」に登場するキャラクター。1969年から人形アニメとして映画化され、日本にも紹介されたという。

展示会情報

12月 2020
日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
2020年11月29日

カテゴリー: 海外10:00 AM: KOSIGN 2020

2020年11月30日

カテゴリー: 海外10:00 AM: KOSIGN 2020

2020年12月1日2020年12月2日2020年12月3日2020年12月4日2020年12月5日
2020年12月6日2020年12月7日2020年12月8日2020年12月9日2020年12月10日2020年12月11日2020年12月12日
2020年12月13日2020年12月14日2020年12月15日2020年12月16日2020年12月17日2020年12月18日2020年12月19日
2020年12月20日2020年12月21日2020年12月22日2020年12月23日2020年12月24日2020年12月25日2020年12月26日
2020年12月27日2020年12月28日2020年12月29日2020年12月30日2020年12月31日2021年1月1日2021年1月2日
ページ上部へ戻る