まちなかに高さ14m越えのクリスマスツリーが登場!? ビル一帯の壁面を活用したLEDビジョンによる特別仕様のPR映像を配信 ブランコパレット

多彩な3Dコンテンツを提供しているブランコパレットは12月1日、自社で保有している3Dビジョン「MONSTER 3D VISION OSAKA」で、クリスマス仕様の特別PR映像を放映開始した。

「MONSTER 3D VISION OSAKA」は、大阪・ミナミエリアで最大級の繁華街、宗右衛門町のビル全面に設置した最新鋭の3Dビジョン。5階建てビルの壁面全体を使った地上14m、総面積203㎡を誇る大型ビジョンが特徴で、交差点の角という立地も生かして、日々さまざまなコンテンツを配信している。

今回のクリスマスバージョン特別映像では、14mの高さまでそびえたつ華やかなクリスマスツリーを放映。映像自体は2Dながら、花火やクリスマスプレゼントが降ってくるなど、見ているだけでクリスマスを連想し、待ち遠しくなってしまうような映像を楽しめる。

さらにこれ以外にも、同社3D技術を駆使したライオンの映像も放映中。ビル内にある台座に鎮座していたライオンが、突然ビルから出て手を伸ばして雄叫びをあげるという内容で、3D映像の真骨頂である奥行きを生かした演出となっています。

そして12月中には、新たなPR映像として「3D映像だから創れる遊び心・UFO篇」も放送。まちなかに突然襲来したUFOをつかって、まるで現実かと錯覚するような映像を提供していく予定となっているそうだ。

迫力のあるライオンの3D映像も配信している

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る