閉じる
  1. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  2. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  3. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出…
閉じる
閉じる
  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワ…
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエー…
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒッ…
  6. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム
  7. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  8. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  9. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」…
  10. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
閉じる

看板経営.com

広告宣伝費 2.69%減

日経広告研究所による2016年度の「有力企業の広告宣伝費」は、5年ぶりマイナスので前年度比2.69%減の5兆7322億円となった。円高傾向がひびき売上高合計の伸び率が1.23%の減少となる中、広告宣伝費を抑えようとした企業が増加したという。

まず、業種別に広告宣伝費の動向をみると、1位は自動車だが前年度比7.94%の減少で1兆1148億円。2位は小売業で0.08%増の8650億円、3位は電気機器で6.99%減の6786億円、4位はサービスで7.42%増の6603億円、5位は食品で0.40%増の5527億円となった。

次に、企業別にランキングしてみると、トヨタ自動車が15年度に続く首位だったが、前年度比8.23%減の4487億円となった。2位はソニーで7.03%減の3638億円、3位は日産自動車で8.42%減の3134億円。上位の伸び率が軒並みマイナスとなる中、6位の楽天は20.62%増の1212億円と大きな伸びをみせた。

>>日経広告研究所

関連記事

  1. アートグリーンがサイン業者と提携

  2. クレスト 店舗ディスプレイの効果測定に加え、店舗内の動線分析も可…

  3. モンスト 6周年を記念し渋谷をジャック SNSと連動したキャンペ…

  4. 三弘社 空き電柱広告エリアを紹介するwebサイトを開設。周辺のラ…

  5. 豊島区 路上看板の対策条例

  6. 「三菱UFJ銀行」に行名変更。各支店の突き出し看板は約半数が衣装…

おすすめ記事

  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK
  3. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出、山手線

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査
  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワールドグループ
  3. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー
  4. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク
  5. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒット
ページ上部へ戻る