広告宣伝費 2.69%減

日経広告研究所による2016年度の「有力企業の広告宣伝費」は、5年ぶりマイナスので前年度比2.69%減の5兆7322億円となった。円高傾向がひびき売上高合計の伸び率が1.23%の減少となる中、広告宣伝費を抑えようとした企業が増加したという。

まず、業種別に広告宣伝費の動向をみると、1位は自動車だが前年度比7.94%の減少で1兆1148億円。2位は小売業で0.08%増の8650億円、3位は電気機器で6.99%減の6786億円、4位はサービスで7.42%増の6603億円、5位は食品で0.40%増の5527億円となった。

次に、企業別にランキングしてみると、トヨタ自動車が15年度に続く首位だったが、前年度比8.23%減の4487億円となった。2位はソニーで7.03%減の3638億円、3位は日産自動車で8.42%減の3134億円。上位の伸び率が軒並みマイナスとなる中、6位の楽天は20.62%増の1212億円と大きな伸びをみせた。

>>日経広告研究所

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「聖闘士星矢」で東京・大阪の各駅をジャック展開。新作のアプリゲームをPR  Wanda Cinema…

  2. 地元の石材を活用した切り文字製作サービスを開始、アートリンク

  3. 東京メトロでサイネージとSNS連動

  4. 地元青森出身の王林さんを起用した路線バスラッピングで安全意識を啓発、キョウエイアドインターナショナル…

  5. 「ファンタジア大賞」の大賞受賞作品が東京メトロ新宿駅に登場。デジタルサイネージと合わせてPR KAD…

  6. アフターコロナを見据えたクリエイティブでOOHの価値を再認識させる、LIVE BOARD

  7. 19年世界総広告費の予測は6250億米ドル。屋外/交通媒体の成長率も上方修正

  8. 駅や車内のポスター掲出・撤去を取り扱うJR東日本メディアを100%子会社へ、jeki

  9. 日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP