XPANDコードが公共交通サービスのサイネージに初採用

ユニ・トランドは8日、公共交通サービスでは初の試みとなる新バーコード「XPAND」活用した情報配信を、北海道の帯広駅新バスターミナルにある電子看板で展開していくことを明らかにした。同社は、ユニリタの子会社で移動体向けIoTソリューション事業を担う。

これは、帯広駅新バスターミナルにある十勝バスの電子看板(サイネージ)と、同社のバスロケーションシステムをXPANDコードでリンク。サイネージ画面上のXPANDコードをスマートフォンなどの端末で読み取ると、サイネージでは表示しきれない詳しい運行情報などが手元の端末で入手できる。今後は、災害発生時にはXPANDコードを災害用のものに表示切り替えし、多言語対応の災害対策サイトへ簡単にアクセスできるような機能の強化も図っていく予定だ。

QRコードとXPANDコードのサイネージ表示比較 出典:ユニ・トランド

.
XPANDコードは、XPANDが開発したサイン専用バーコードで、QRコードなどと同様にスキャンしてスマートフォンに情報を表示させる。例えば、バス待合室の椅子から座ったままでも、10m程度の距離なら問題なく読み取りできる。QRコードでも大きく表示すれば読み取りは可能だが、かなりのスペースが必要になることから、肝心のサインを表示する領域が狭くなり、わかりやすく情報表示するというサイン本来の目的が付加的機能で阻害されることに繋がってしまう。XPANDコードであれば、サインの表示領域を圧迫せず、多数の人が一斉にアクセスするシーンでも有効となっている。

>>XPANDコードの詳細はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. OOHの掲出風景を臨場感のある動画としてSNSで拡散させる独自サービス「HIT-buzz」を提供開始…

  2. 資生堂とNKB 性別に合わせた交通広告の配信を試みる

  3. 【レポート】芸術の名門校に木製看板が寄贈されるまで

  4. クロス新宿ビジョンの「3D猫」に新作映像が9月29日に登場!マイクと戯れる猫の姿は必見

  5. 本物の木材を使用した中吊り広告がJR中央線に登場! 木材需要の拡大に向けてPR 東京木材問屋協同組合…

  6. 安全標識に関わるJIS規格が13年ぶりに改正。UDカラーの採用へ

  7. 総勢123団体の連携によって生まれた巨大ビジュアル広告が渋谷駅に登場。共創の大切さと、文化施設「SH…

  8. NewDays電子看板が243駅650台の大規模ネットワーク化

  9. 「バーチャルサイネージ広告」の実証実験を開始。Web上に再現された実在空間に広告を放映、表示灯

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP