約30年振りとなるデザイン変更。駅新設に合わせて駅名・案内サインの全面的なリニューアルを実施 北大阪急行電鉄

北大阪急行電鉄は11月26日、「箕面船場阪大前駅」と「箕面萱野駅」の2駅を新設する工事に伴い、駅名看板・案内サインのデザインを一新すると発表した。全面リニューアルは、この延伸線開業に合わせて、2024年3月23日(土)を予定している。

同社では、まちのさらなる利便性向上を目指して、南北線を千里中央駅から北へ約2.5㎞延伸し、2つの駅を新設する工事を実施。2024年3月の開業に向けて、順調に計画を進めてきた。

同社の大規模なサイン変更は、1993年に現在のデザインが定められて以来、約30年振り。対象駅は、緑地公園駅~箕面萱野駅までの区間となっている。

新しいデザインは、当社車両8000形・9000形で使用している色調をベースに、相互直通運転している大阪メトロ御堂筋線のラインカラーである赤色をアクセントに採用。さらに、沿線に多く住むファミリー層にも馴染みやすいよう木目調のデザインを取り入れ、明るさや温かみを想起できる演出にもこだわったという。

加えて、駅の随所にピクトグラムを追加。周辺の案内や駅情報、エレベーターまでの距離などを表示し、より多くの利用者が迷わないよう、工夫を凝らしている。

駅名看板、案内サインがともに一新される

2024年3月にオープンが予定されている、箕面萱野駅のイメージ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【レポート】芸術の名門校に木製看板が寄贈されるまで

  2. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展

  3. 仙台市の商店街と連携しシースルー型のデジタルサイネージを設置。まちの回遊性向上に向けた実証実験を開始…

  4. 第60回JAA広告賞の入賞作品が発表。屋外・交通広告部門のグランプリは静岡市の「静岡市プラモデル化計…

  5. オフィスの改装を記念してスティーブ・ジョブズ氏の写真展を開催。新社屋ではハード面を大幅に刷新し働き方…

  6. 交通広告などの週次データを分析可能に、マゼラン

  7. TV、新聞、屋外広告とあらゆる媒体を駆使して「猫の交通事故防止」を啓発。猫の日にはさまざまなプレゼン…

  8. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペースを販売開始

  9. 忍びの国 撮影秘話が書かれた雑学カード35種・2500枚を剥がす巨大ポスター

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP