SHIBUYA109 渋谷のランドマークがリニューアル、5月20日まで新ロゴを一般募集

ファッションビルのSHIBUYA109は、来年2019年に40周年を迎えるにあたり、ロゴマークを変更すると発表。今までのイメージに捉われないロゴを目指し、新しいデザインを5月20日まで一般募集する。

新しいロゴに採用される最優秀賞1点には賞金109万円、優秀賞3点にも10.9万円がそれぞれ贈られる。
応募は、デザインソフトなどで作成したデザインを郵送やメールで受け付ける。さらに4月20日からは、特設サイト上に専用ツール「109ロゴメーカー」を公開。ここで作成したデータはTwitterに投稿することでエントリー可能だ。結果発表は7月下旬を予定している。

SHIBUYA109は、東京急行電鉄の子会社である東急モールズデベロップメントが運営。1979年に「道玄坂共同ビル」として建設され、89年に現在の「SHIBUYA 109」に名称を変更。
「109」の由来は、「東急(10=とう、9=きゅう)」の語呂合わせからで、「営業時間が午前10時から午後9時まで」という意味も盛り込まれている。

>>特設サイト

ページ上部へ戻る