閉じる
  1. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  4. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
閉じる
閉じる
  1. オンライン展示会「第2回 Mimaki Live for Sign G…
  2. 7月16日、22日、30日にオンラインセミナーを開催、日本HP
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  4. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  5. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  6. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  7. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、…
  8. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  9. YouTubeLiveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から開…
  10. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
閉じる

看板経営.com

SHIBUYA109 渋谷のランドマークがリニューアル、5月20日まで新ロゴを一般募集

ファッションビルのSHIBUYA109は、来年2019年に40周年を迎えるにあたり、ロゴマークを変更すると発表。今までのイメージに捉われないロゴを目指し、新しいデザインを5月20日まで一般募集する。

新しいロゴに採用される最優秀賞1点には賞金109万円、優秀賞3点にも10.9万円がそれぞれ贈られる。
応募は、デザインソフトなどで作成したデザインを郵送やメールで受け付ける。さらに4月20日からは、特設サイト上に専用ツール「109ロゴメーカー」を公開。ここで作成したデータはTwitterに投稿することでエントリー可能だ。結果発表は7月下旬を予定している。

SHIBUYA109は、東京急行電鉄の子会社である東急モールズデベロップメントが運営。1979年に「道玄坂共同ビル」として建設され、89年に現在の「SHIBUYA 109」に名称を変更。
「109」の由来は、「東急(10=とう、9=きゅう)」の語呂合わせからで、「営業時間が午前10時から午後9時まで」という意味も盛り込まれている。

>>特設サイト

関連記事

  1. ファミリーマート サークルK・サンクス全国5000店舗の看板架け…

  2. 企業の正社員不足50.3%。4月としては過去最高を更新する

  3. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで…

  4. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  5. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出

  6. 兵庫県 新宿駅で体験型ポスター掲出。鼻の穴で兵庫の匂いを体験

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. オンライン展示会「第2回 Mimaki Live for Sign Graphics」を7月13日に開催、ミマキ
  2. 7月16日、22日、30日にオンラインセミナーを開催、日本HP
  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  4. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  5. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
ページ上部へ戻る