独自のWi-Fiセンサーを用いた効果測定サービス「Digital東京」をリリース Oxyzen

オフラインデータを活用した広告運用サービスを提供するOxyzenは2月13日、独自開発のデジタルサイネージ向け効果測定サービス「Digital東京」をリリースすると発表した。

「Digital東京」とは、スマートフォンが自ら発信するオフラインデータを活用した独自のWi-Fiセンサーによって、人々の動きや属性を把握できる効果測定サービス。スマホの起動やネット回線に関わらず人々の行動を可視化できるので、従来の効果測定サービスと比べても、より高い効果が見込めるものとなっている。これまでは商業施設や観光地など、多くの人が集まるエリアにおいて、インバウンド分析などを実験的に実施し、実績を重ねてきたそうだ。

>>>「Digital東京」の詳細はこちら

その一例として、昨年の「FIFAワールドカップ2022」開催時にも、同サービスによる測定を実施。東京・渋谷のスクランブル交差点に設置されたデジタルサイネージ「シブハチヒットビジョン」を「Digital東京」で測定したところ、以下のような結果が得られた【図1】。

 

【図1】FIFAワールドカップ2022で測定されたビジョンの視認数

日本がドイツ戦とスペイン戦に勝利した際、試合終了直後から約1時間にかけて、同ビジョンの視認数は通常の3倍以上にまで急増したという。さらにスペイン戦では、22時過ぎ辺りから、渋谷に来る人々が増加したのも分かるだろう。一方で、クロアチア戦、コスタリカ戦では急増は認められなかったようだ。

このほかにも、同社ではさまざまな効果測定を実施。今後も取り組みを強化していく構えだ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. アライデザイン工芸 看板用出力物の発注サイト「インクジェットパートナー」を開設

  2. パロマ 東京メトロ100箇所の広告看板に、一般応募100枚の写真掲出

  3. コンビニに多彩なデジタルコンテンツを配信する新会社が設立。店舗のサイネージ導入が加速、ファミリーマー…

  4. 外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス3」をリリース。最大H7,000㎜の照射を達成、三和サ…

  5. UV IJPで6m越えの巨大天井絵を再現。葛飾北斎の「八方睨み鳳凰図」が新宿に登場、ローランド ディ…

  6. 新CMの演出コンテが京王線・新宿駅のアドストリートに登場! 年明けの公開に先駆け屋外広告で映像内容を…

  7. Gallaxy 渋谷史上初の広告展開

  8. 看板表面を汚れから守る専用のコーティング剤を販売。併せて全国の製作会社が施工サービスも開始、KeeP…

  9. ホログラムプリント技術と精巧な顔計測データを組み合わせフォトリアルな3D映像表現が可能に、NICTと…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP