資生堂とNKB 性別に合わせた交通広告の配信を試みる

資生堂ジャパンは、大手交通広告代理店のNKBと共同で、駅構内のデジタルサイネージでは日本初となる性別推定システムを活用した「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験をスタート。実施先は都営地下鉄浅草線の新橋駅改札前で、期間は7月31日まで。

この「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」は、性別推定システムを活用して通行者の性別を推定し、インターネットの広告配信と同様に、交通広告というリアルな接点の場でもブランドの主ターゲットに合った広告配信を試みるもの。

これにより、成長著しい「DOOH」のターゲティングにおける有効性を検証し、新たなメディア活用を見出すとしている。DOOHとは、デジタルアウトオブホームの略で、端的にはデジタルサイネージによるOOHメディアを指す。デジタルテクノロジーの進化を受け、駅構内を中心に紙媒体から電子媒体への切り替えが急速に進む中、近年頻繁に用いられるようになったキーワードである。

7月16日〜31日の期間中、都営地下鉄新橋駅構内の「都営地下鉄新橋駅24面デジタルサイネージ」の一部を活用し、通行者の性別を推定したターゲティング広告をリアルタイムで放映する。実施先の詳細は、浅草線新橋駅改札前のJR新橋駅方面から汐留シオサイト方面。

ページ上部へ戻る