日本交通などのタクシー車両に搭載するサイネージと屋外ビジョンをセットで提供、LIVE BOARD

LIVE BOARDは2月10日、IRISが運営する日本最大規模のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」と、デジタルOOH「LIVE BOARD Network」のセット提供を4月以降も継続すると明らかにした。

Tokyo Primeは、都内最大手の日本交通や帝都自動車交通など都内22,000台を含む、全国主要12都市のタクシーに合計で約54,000台(2022年1月時点)に搭載されている。車両内に10インチの高精細デジタルサイネージを設置し、音声付きで動画を放映。タクシーで移動するビジネス層や富裕層にリーチできる点を強みとする。

両社では、昨年9月から屋外・交通広告における広告販売を共同で推進中。Tokyo Primeは、全国で約60,000台(2022年4月以降の想定)にタクシーサイネージを展開しており、LIVE BOARDの大型屋外ビジョンや駅サイネージで形成されるネットワークを組み合わせることで、都心部を中心にビジネス層への圧倒的なリーチが見込めるという。

DX化に伴う時代の流れのなかで、今後も屋外・交通広告の効果的かつ効率的な運営を実施し、クライアントにとって有益な媒体を提供することで、OOH市場の価値や利便性の向上を目指すとしている。

商品概要は次の通り。

  • 商 品 名:Tokyo Prime(タクシー/Tokyo Prime Standard Video Ads)× LIVE BOARD(屋外ビジョン/LIVE BOARD Network)
  • 販売期間:2022年4月~9月
  • 配信地域:タクシーサイネージ/約60,000台:全国12都市と、LIVE BOARD Network:全国5,450面(都内:タクシー/25,000台+LIVE BOARD Network)
  • 掲載期間:1週間
  • 掲載秒数:15秒(タクシーは最大30秒まで可能)
  • 販売開始日:2022年2月1日(火)
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 雑誌「看板経営」定期配送のご案内

  2. 3.2m幅のダイレクト昇華プリンター「PLUTINUM」を内覧会で初披露、上野山機工

  3. 前日の人の流れを分析して屋外広告の視認状況を見える化、クロスロケーションズ

  4. 千葉県の看板製作会社と新聞社がビジネスマッチング契約を締結。業界の垣根を超えた新規顧客獲得へ、協同工…

  5. レジンインク搭載機と測色器をお得に導入できるセットプランを販売開始、エプソン販売

  6. JAPANTEX2022 特別展示「第2回デジタルプリントインテリアフォーラム」が盛況裡に閉幕。最先…

  7. 「ブルーロック」の各キャラクターで競馬の魅力を表現。書き下ろしイラストのサインボードを川崎市内で展開…

  8. DeNA どん兵衛ラッピングの0円タクシーを都内で50台走らせる

  9. 日本HPユーザー向けイベント開催。蜷川実花展の裏話など多彩なセミナーを展開

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP