AI機能搭載の街路灯から歩行者の属性を診断し、最適な案内を配信する実証実験を開始 六本木商店街振興組合

東京・六本木のにぎわいあるまちづくりに貢献した取り組みを行う六本木商店街振興組合は2月1日、エリア内に設置された「スマート街路灯」を用いて、新しい実証実験を開始した。

「スマート街路灯」とは、AIやビジョンなどのデジタルツールを多数搭載した最新型の街路灯。2020年に同エリアへ初めて採用されて以降、徐々に数を増やしていき、現在では全46基が設置されている。さらに、その内4基にはカメラ、延べ13基にはデジタルサイネージを搭載させ、まちに関するさまざまなデータ収集を実施するとともに、タイムリーな情報発信も行っている。

2月1日からは、東京都が掲げる商店街デジタル化推進事業の一環として、新たな実証実験を開始。カメラから得た通行人の移動方向や、性別・年齢などの属性、さらにはその時の時刻、天候といった周辺環境を加味して、その人々に最適なまちの店舗案内をデジタルサイネージから自動配信していくそうだ。通行人の属性に合わせて、よりニーズに合致する情報をリアルタイムで放映し、まちのにぎわい創出にさらに役立てていくという。

同組合は今後も、東京都、港区と連携しつつ、スマート街路灯のさらなる活用を模索。まちの見える化と最適な情報発信に努めていく。

通行人のデータや周辺環境に合わせて、商店街内の店舗へ誘導する案内表示が流れる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. シャッターを活⽤したアートプロジェクトでコロナ禍に苦しむ人々を⽀援、WALL SHAREとEndia…

  2. イオンが全国360店舗で「ライトダウンキャンペーン」を実施。店舗の屋外照明を消灯し、電力使用量を削減…

  3. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

  4. 大手ニュースアプリと連携しシームレスにサンプル商品を受け取れる広告パッケージのテスト販売を開始、JR…

  5. 「第8回 看板・ディスプレイ EXPO 夏」が9月2日に開幕、リード エグジビション ジャパン

  6. ポスター広告でまちをジャックできる新しい屋外広告サービスを開始。第1弾として、東京・原宿エリアで展開…

  7. 年の瀬を前に髪のケアで自分を労る余白時間を。ピールオフ広告とSNSキャンペーンを連動展開、YOLU

  8. 貼るだけで即効性がある抗ウイルスフィルム「キルウイルス」を開発、リディアワークス

  9. 川崎市 12月に条例の一部改正へ。禁止区域で屋外広告物の掲出可能に

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP