東京ドームに横幅125m越えの大型リボンビジョンが新登場。施設内の全面リニューアルで完全キャッシュレス化を導入、読売新聞グループほか

読売新聞グループ本社と、読売巨人軍、東京ドーム、三井不動産の4社は3月1日、プロ野球球団・読売ジャイアンツの本拠地である東京ドームで過去最大規模のリニューアル工事を行ったと発表した。

具体的には、日本最大級となる横幅125m越えの大型リボンビジョンを設置。このほか、プレミアムラウンジの全面改装、入場ゲートおよび場内コンコースのデザイン変更、場内の完全キャッシュレス化・顔認証技術の本格導入など、大幅な球場の刷新とDX化が図られた。同2日に開催されたオープン戦・埼玉西武ライオンズ戦より、本格稼働を開始している。

場内コンコースもビジョンの設置とともに一新された

新たなメーンビジョンはW125.6×H7.5m、面積1,050㎡と日本最大級のサイズが特徴。従来のビジョンと比較して、約4.4倍にまで拡大したという。

さらに画像解像度も、12,560×750ピクセルと、国内プロ野球が本拠地にしている他球場に比べて最高レベルを達成。高精細かつ迫力あるシーンを楽しめるのはもちろん、例えばホームランが出た際にはビジョンを連携させた特別映像の配信など、より場内の一体感を強める演出も可能だ。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. 工具なしでブロック塀に看板を設置できる「看板フック」に新サイズが登場、ハクロマーク製作所

  2. 地元スポーツチームへの応援メッセージがデザインされた屋外広告を発売、長田広告

  3. 大阪・梅田の3Dビジョンに江戸川コナンが登場! 飛び出す演出で最新映画とコミックスをPR パス・コミ…

  4. アクティブな移動者に対して広告を繰り返し接触させると行動喚起につながりやすい、メトロアドエージェンシ…

  5. 業務提携により屋外ビジョンのアドネットワーク化を推進。デジタル媒体のさらなる有効活用が可能に、東急エ…

  6. 渋谷区内をポスターでジャックするサービスを提供開始。第1弾としてウルトラマンがセンター街をジャック、…

  7. VTuberからの手紙を持ち帰れるピールオフ型広告を展開。第5弾バーチャルタレント「Dev-e」のデ…

  8. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー

  9. 個人消費者向けの応援広告支援サービスを開始。新たな屋外広告の在り方を提案、ヒットとY’s

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP