5月の「消費予報」を発表。新型コロナの影響で意欲は過去最低、博報堂生活総研

国内大手の総合広告代理店、博報堂の研究機関である博報堂生活総合研究所は24日、来月の国民の消費動向予測‍が、5月としては過去最低クラスになる見通しだと発表した。

同研究所は毎月初旬に、20~69歳の男女1,500名を対象とした消費の先行きに関するアンケートを実施。その結果を独自の指標である「消費意欲指数」として点数化し、「来月の消費予報」を発表している。

今月4月に行われた調査によると、5月の消費意欲指数は42.5点。前月比-2.8ポイント、前年比-5.0ポイントを計測し、ともに2ポイント以上低下した。これは、アンケートを開始した2016年以降、5月の最低値を記録したという。

5月の消費意欲指数は、前年比、前月比ともに大幅ダウン。 消費意向も、飲料や日用品を除いてほとんどが数字を落としている

アンケートの自由回答部分を見ると、「連休中に買い物をしたい」「旅行に出かけたい」といった消費を促す意見が、昨年記録した150件と比べて16件と大きく減少。一方で、新型コロナウイルスに関連するネガティブな意見は、前月との比較でも、倍以上にまで増加しているという(251件→560件)。

特に「感染の不安で外出できない」(20年4月111件→20年5月219件)、「感染拡大の影響で意欲がわかない」(20年4月79件→20年5月127件)など、外出自粛の動きを嘆く声は、増加の一途をたどっている。

また消耗品やサービス関連の消費動向においても、新型コロナウイルスの影響力は計り知れない。「買いたいもの」「利用したいサービス」について尋ねた項目を見ると、家飲み用のアルコールなどを含めた「飲料」や、トイレットペーパー、マスクといった「日用品」はプラスとなるものの、「旅行」「レジャー」「外食」「ファッション」は大幅に減少。来月以降も、さらなる落ち込みが予想されている。

このほか、年齢別に見ても、男性、女性ともに大きく消費意欲が低下。4月と比べると、特に30代、40代、50代の意欲が軒並み下がっているのだという。

例年であれば、5月はゴールデンウィークの影響から、観光や不動産関連などが大きく動き、消費意欲の高まりも期待できる時期のはずだ。しかし現状は、新型コロナウイルスの影響でさみしい限り。各企業経営者にとっては、残念ながら今後も厳しい風向きとなってしまいそうだ。

>>アンケートの詳しい調査結果はこちら
引用:博報堂 広報室のNEWS RELEASE

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 東京メトロでサイネージとSNS連動

  2. 川崎市 12月に条例の一部改正へ。禁止区域で屋外広告物の掲出可能に

  3. 4月24日〜25日に最新のIJP各種と業界のトレンドを知ることができる「春の展示会」を開催 ミマキエ…

  4. NKB 初の台湾子会社を新設。新幹線の広告媒体などを主力に販売

  5. 最新のデジタルプリントを駆使したインテリア商材が一堂に。10月26日から「JAPANTEX2022」…

  6. “推し活”を全面サポートする新たな屋外広告の在り方「FUN FLAG」について学べるオンラインセミナ…

  7. 東急電鉄 世界最大の新世代型LEDビジョンを渋谷駅構内に設置へ

  8. 一般車を広告媒体にするサービス「WithDrive」。ユーザー登録数1,000件突破を記念したキャン…

  9. 新発売のIJP3種と業務効率化を助けるクラウドサービスを発表、エプソン販売

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP