発売35周年を迎えた午後の紅茶のPR企画が開催。横幅124mの交通広告看板を設置、小田急電鉄

小田急電鉄は3月17日、小田急小田原線代々木八幡駅の壁面に、横幅124mにも及ぶ交通媒体を新設。キリンビバレッジの人気飲料「午後の紅茶」が発売35周年を迎えたのを記念して、特別企画「午後の紅茶 しあわせ写真館」を開催している。

メーンビジュアルは、午後の紅茶と人。家族や友人同士など、人々のさまざまな関係性のなかから幸せな瞬間を切り取った写真と午後の紅茶を掛け合わせ、連続的な写真とキャッチコピーによって展開される。広告サイズはH1.97×W124m。

この広告スペースは、代々木八幡駅の改良に合わせて新たに誕生した壁面で、横に長く連続的に広告を掲出できるのが特徴。駅ホームからの視認性が抜群に良いため、今回の企画のようなストーリー仕立ての演出を訴求するのに最適となっている。

今後は引き続き、企業の軌跡や歴史的資料などを紹介するPRの場として活用。駅利用者に楽しんでもらえるような、物語性のある広告を展開していく予定だという。

「午後の紅茶 しあわせ写真館」の写真例。家族の笑顔が印象的だ

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

  1. TOKYO AUTO SALON 2021 バーチャルオートサロン

    1月 15日 - 11月 30日
  2. APPP EXPO 2021

    7月 21日 - 7月 24日
  3. PIショー秋2021

    9月 8日 10:00 AM - 9月 10日 5:00 PM
  4. NeoCon 2021

    10月 4日 - 10月 6日
  5. 第6回あいちKANBANフェスタ2021

    10月 6日 9:00 AM - 10月 7日 4:00 PM

アーカイブ

ページ上部へ戻る