全く新しい視点のアップサイクルシステムを考案。屋外広告の有効再利用に一筋の光、一般社団法人530とペーパーパレード

一般社団法人530は1月25日、紙や印刷素材の新しい価値創造に向けた挑戦を続けるデザイン会社、ペーパーパレードと協力し合い、新時代のアップサイクルの仕組み「openmaterial(オープンマテリアル)」を開発したと発表した。1月から正式に運用していく。

「openmaterial」は、人々の社会経済活動によって生まれた廃棄物を企業間の連携によって早期に発見し、回収、再利用する仕組み【図1】。特に、これまではリサイクルの技術や最適な廃棄方法が確立されていなかった素材を中心に扱っていくという。

【図1】「openmaterial」の仕組み図

>>>「openmaterial」の詳細についてはこちら

回収とその後のリサイクルは、さまざまなパートナーとの協業を通して、素材にあった方法を随時検討するそうだ。企画やデザインの分野から、製品化までワンストップで提案していく。

そもそも、この取り組みは従来のリサイクルと比べてどう新しいのか。これまで行われてきた回収と再利用は、回収効率の観点から工場廃材や既製品の在庫を使ったものが一般的。その枠組みだけでは見逃されてしまう製品も多く、特に一度でも社会で消費されたものは回収も困難であったために、リサイクルされずに破棄されるケースが大半だった。

その代表例とも言えるのが、屋外広告だ。素材の特性上リサイクルは難しく、掲出期間の終了とともに、埋め立てられるか焼却されるのが通例となっており、サイン業界内でも問題視されている。もしこれらが安全にリサイクルできる仕組みを構築できるとすれば、環境負荷を減らすのはもちろん、廃棄する費用の削減にもつながり、業界にとっても大きなメリットになると言える。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. ブラザー工業 本社ビル屋上の看板をリニューアル。4代目はLED内照式のチャンネル文字

  2. 新たな広告サービス「応援広告」の認知度、活用状況を調査するWebアンケートを実施。一般消費者の約半数…

  3. まちなかに高さ14m越えのクリスマスツリーが登場!? ビル一帯の壁面を活用したLEDビジョンによる特…

  4. ポイ活アプリを活用した交通広告のテスト販売を開始。より詳細な広告効果の検証が可能に、ジェイアール東日…

  5. 駅利用者のリアル行動を分析できるAIを活用し、交通広告の可視化を実現。スマホ広告と連動した取り組みも…

  6. JR新宿駅構内にスロットマシンが登場⁉︎ NHK・BSプレミアムの特殊広告

  7. 3月16日〜18日に各種セミナーやプレゼンが目白押しの「Premium 3Days」を展開、サイン&…

  8. エントリーモデルの大判IJPが保守付きでお得に導入できるセットを期間限定で発売、エプソン販売

  9. SNS感覚で情報を発信できるデジタルサイネージアプリ「ニュースボード」を発表 サイバーステーション

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP