約10年分の延命効果が期待できるポール看板の補強工法を新開発、三和サインワークス

三和サインワークスは、ポール看板用のカーボン補強工法 「SAN-SPEC 工法」を開発。特殊な多層構造のカーボン素材「CFRTPシート」で地際劣化の発生している柱体を補強することで、約10年分の延命効果が見込めるとしている。

この「SAN-SPEC 工法」は、既設の丸・角ポール看板に両対応。補強にあたっては現場の状況確認と調査後、研磨作業、接着剤の塗布、CFRTPシートの貼り付け、CFRTPシートの養生、シールテープ貼りと進み、補強作業を1日で完了する。

大きな特徴は、既設のポール看板に対して約10年分の延命効果を短期間で付与できるところだ。さらに、独自構造によって腐食を抑制する機能も持つ。

「SAN-SPEC 工法」の流れ

同社では新工法の開発背景について次のようにコメントする。外見上、問題がない看板でも内部は腐食が進み、定期的な安全点検や改修工事を行わないと落下・倒壊の危険が生まれる。万が一事故になれば、行政処分や刑事罰の対象となり、社会的信用の失墜につながってしまう。その現状を踏まえ、創立60年を越える看板メーカーとして、看板の安全性を高めるための補強の新工法を開発するに至ったとしている。

価格帯や販売方法に関する相談は、同社の工事安全推進部で受け付ける。

>>>詳細はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る