ドラゴンや恐竜の3D映像が大阪・日本橋前の交差点に登場、ケシオン

ケシオンは10月1日、保有する大阪・中央区難波のLEDビジョン「BRAVE VISION NAMBA」で、恐竜やドラゴンなどがまるで浮き上がって見える3D映像の放映を開始した。

同ビジョンが設置されているのは、不動産コンサルを営むBRAVEの本社ビル上。毎時0分頃になると、さまざまな3D映像が流れ、通行人の目を楽しませる。L字型であるビジョンの特徴を生かし、よりリアルかつ立体的な映像表現を可能にしている。放映時間は、8時から24時までの16時間となっている。

「BRAVE VISION NAMBA」は、2020年6月より放映を開始。南海電鉄のなんば駅南口に位置しており、日本橋の電気街に向かう大勢の人に高い視認性を期待できる媒体となっている。

ドラゴンの3D映像。迫力満点の映像演出で、通行人の目を楽しませる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ワールドワイドで人気の高いIntec社のデジタルダイカッターを7月にリリース。販売代理店としてカッテ…

  2. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、NSK

  3. 夏の学生スポーツを盛り上げろ! 吉田正尚選手のメッセージと応援の必需品メガホンを持ち帰れるピールオフ…

  4. 脱炭素に向けて自社工場で使う電力を「100%再生可能エネルギー」に転換、イーストウエスト

  5. 「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」が3月12日に開催。今年もリアルとオンラインのハイブリット開…

  6. 羽田空港でデジタルOOH広告を展開、AnyMind Group

  7. 新宿駅東口に大型デジタルサイネージを設置。巨大3D猫がSNSで大きな反響に、マイクロアドデジタルサイ…

  8. 美容サロンに特化したDOOHメディアの提供を開始、デジタルガレージ

  9. エプソン販売 カンタン色合わせ体感イベントを全国で開催

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP