UVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入。環境配慮と高生産性の両立に向けて、フォトビション・ジャパン

国内有数の出力センターであるフォトビション・ジャパンは11月上旬、1台でグロスとマットの両方を表現できるUVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入し、本格的な稼働をスタートした。

「塩ビに変わる出力素材がエンドユーザーから日に日に求められるなか、壁紙や普通紙のプリントに最適な1台を探していた」と導入背景を語るのは、ゼネラルマネジャーの肥野幹男氏。以前、同社のグループ会社であるオーストラリア拠点でポスターを量産する際に、前身機の「Colorado 1640」を重宝していた話がずっと念頭にあったという。脱塩ビに対応すべく、さまざまな水性ベースの樹脂インク搭載機を検証するなか、Coloradoの圧倒的な生産力が決め手になったと続ける。UVインクの課題である臭いも緩和され、自動搬送機能によって作業員が印字面に触れるリスクも減り、肌荒れを起こす懸念もないとしている。

肥野氏は「前身機から、たった3年でインクとヘッドを新しく開発し、筐体についても課題とされた部分を全てきれいに改良した印象」と評価する。今回のColorado 1650の導入を皮切りに、会社全体でVOC(揮発性有機化合物)の排出抑制に取り組んでいく姿勢だ。それほどまでに、昨今のエンドユーザーからの環境配慮に対するニーズは非常に強い。これまでの価格との折り合いを見ながらというスタンスとは異なる情勢下になりつつある。

今後のColorado 1650による出力素材は、紙類やPETを増やしていくのはもちろん、PVCメディアなどの溶剤プリントからの置き換えも進める構えだ。

本格稼働に向けた出力サンプルの検証シーン。主に壁紙はマットスピ―ドモード、
塩ビシートはグロス高品質モードで出力していく

2020年1月発売のColorado 1650は、UVgelインクの刷新により、伸長率を185%にまで高め、より柔らかく、3次曲面への貼り施工のような案件にも難なく対応できるよう改良した。CMYKそれぞれのグロスレベルも更に均一になり、安定した光沢感を提供。擦過性にも優れ、屋外の短期用途であれば基本的にラミネートは不要だ。

キャリッジは独特な構造で、インクヘッドと硬化ユニットが独立。これにより、最速159㎡/h(※1)という生産性の向上を達成している。仕上がりは、インクヘッドを硬化ユニットが追従するとマット、交差するとグロスの表現になる。また、インクの硬化温度は非常に低温なため、熱負荷によるメディアの変形リスクがほとんどない。

「コロナ禍で、展示会やイベントの実施が難しい昨今、ユーザーにColorado 1650の良さを伝えきれていないところもある。インクを刷新し、生まれ変わったColoradoの安定した生産性を当社ショールーム(※2)でぜひ体感してほしい。VOC排出抑制など環境への課題を解決し、サイングラフィックスの生産性を高めるテクノロジーとして貢献できれば幸いだ」(キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ デジタルプレス市場開発グループの久保埜 悟チーフ)

※1:グロス最高速モードでの印刷スピード
※2:東京・下丸子に構えるキヤノン本社のCEC Tokyoで実機を体感できる

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る