UVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入。環境配慮と高生産性の両立に向けて、フォトビション・ジャパン

国内有数の出力センターであるフォトビション・ジャパンは11月上旬、1台でグロスとマットの両方を表現できるUVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入し、本格的な稼働をスタートした。

「塩ビに変わる出力素材がエンドユーザーから日に日に求められるなか、壁紙や普通紙のプリントに最適な1台を探していた」と導入背景を語るのは、ゼネラルマネジャーの肥野幹男氏。以前、同社のグループ会社であるオーストラリア拠点でポスターを量産する際に、前身機の「Colorado 1640」を重宝していた話がずっと念頭にあったという。脱塩ビに対応すべく、さまざまな水性ベースの樹脂インク搭載機を検証するなか、Coloradoの圧倒的な生産力が決め手になったと続ける。UVインクの課題である臭いも緩和され、自動搬送機能によって作業員が印字面に触れるリスクも減り、肌荒れを起こす懸念もないとしている。

肥野氏は「前身機から、たった3年でインクとヘッドを新しく開発し、筐体についても課題とされた部分を全てきれいに改良した印象」と評価する。今回のColorado 1650の導入を皮切りに、会社全体でVOC(揮発性有機化合物)の排出抑制に取り組んでいく姿勢だ。それほどまでに、昨今のエンドユーザーからの環境配慮に対するニーズは非常に強い。これまでの価格との折り合いを見ながらというスタンスとは異なる情勢下になりつつある。

今後のColorado 1650による出力素材は、紙類やPETを増やしていくのはもちろん、PVCメディアなどの溶剤プリントからの置き換えも進める構えだ。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. 埼玉高速鉄道線 ビズライト・テクノロジーと共同でDS活用の新たな事業構築へ

  2. 2019年元旦に「渋谷駅前ビジョン」始動。総面積350㎡の大型LEDビジョンが新登場

  3. 【レポート】木曾福島地区に江戸情緒を取り戻したい。木彫看板で紡ぐ地元デザイナーの心意気

  4. HONDA 109シリンダーに謎のハッシュタグとビジュアルを掲出

  5. OOHの掲出風景を臨場感のある動画としてSNSで拡散させる独自サービス「HIT-buzz」を提供開始…

  6. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

  7. 新宿駅前のLEDビジョンに新たな3D猫が登場。2画面を連動させた映像表現がSNSで話題に、SNC ソ…

  8. 屋外広告の効果をリアルタイムで可視化できるクラウドサービスが原宿表参道ビジョンと連携開始、パス・コミ…

  9. 全国各地に「5秒出社」の屋外広告を展開。どこにいてもWeb上から出社できるヴァーチャルオフィス空間を…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP