製品の“匂い”を伝達できる新しい看板形態の登場。鼻に届ける嗅覚サイネージシステムが新発売 SceneryScent

嗅覚に訴えかけるさまざまなソリューションを提供するSceneryScentは5月1日、匂いによって購買意欲を促す嗅覚サイネージシステム「Ambiscent(アンビセント)」を発売した。機器製造メーカー・アネスト岩田との共同開発で、約4年の歳月を経て製品化にこぎつけたそうだ。

>>>「Ambiscent」の詳細はこちら

同製品は、機体に近づいてきた人に反応し、強い空気圧力で瞬間的に匂いを自動射出するのが特徴。人感センサーによりピンポイントで少量の香料を発するため、香りが広がりすぎず、周辺店舗への影響も心配ないという。もちろんビジョンと組み合わせれば、映像とも連動できる。従来のデジタルサイネージにはなかった「香り」をプラスし、より一層の訴求効果を期待できる製品となっている。

匂いを提供する以外にも、さまざまな特徴を持つ「Ambiscent」

香料はコーラ、焼き立てパン、焼き肉、バニラアイス、フライドチキン、お好み焼き、チョコレート、マルゲリータ、ベーコン、ミント、雨、畳、海、金木犀、廃墟など、ベーシックタイプを40種類用意。このほか、専門の調香師によるオーダーメイドの調合も可能だ。

同社では、Ambiscentのリリースに先駆け、さまざまな店舗での効果検証を実施。兵庫県芦屋市の青果店「ほのかの果実」では、柑橘が並ぶコーナーに「オレンジの香り」を設置し、販売数は11%増加、売上も19%アップという実績を残している。さらに、都内のゲームセンター「アドアーズ渋谷店」では、クレーンゲームの隣に設置。景品の香りに近い「いちごの香り」を提供し、言語や映像に頼らない販促を実現した。

クレーンゲームの隣に設置すれば、直接触れられない景品の匂いを伝達するような役割も果たす。外国人観光客にも大いに好評だったそうだ

同社代表の郡香苗氏は、「当社はこれまで、エンタメのワンシーンで匂い・香りを演出し、その世界への没入感を提供してきました。ある匂いを嗅いでふと記憶の底に沈んでいた懐かしい思い出が蘇ったり、お腹をすかせたり、リラックスできたりなどの経験は誰でもあると思います。そのような体験を広告看板にできないかと開発に取り組み、Ambiscentを開発しました」とコメントした。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「プリキュア」シリーズ20周年を記念して全国各地に交通広告を掲出。JR新宿駅のデジタルサイネージでも…

  2. OKIデータ 100%子会社を吸収合併。「インフォテック」の名が事実上潰える

  3. 最速70㎡/hの生産性とローコスト化を実現した1.6m幅の昇華転写プリンター「TS100-1600」…

  4. ファブリックサイン「LUFAS」が現在美術展のアート作品として採用。昇華転写だからこそできる独自な表…

  5. 無料でタクシーに乗車しながら癒しの時間を体験できる期間限定のプロモーション企画を実施、ニューステクノ…

  6. 日本フィルハーモニー交響楽団の主催する音楽イベントの展示に協賛。8K対応の大型LEDビジョンで芸術作…

  7. 6月11日にHP Latex800/700/630シリーズの「アドバンストレーニング」を開催 日本H…

  8. 発売35周年を迎えた午後の紅茶のPR企画が開催。横幅124mの交通広告看板を設置、小田急電鉄

  9. 駅からはじめるSDGs支援。日本初の募金型デジタルサイネージを設置、アド近鉄

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP