2022年7月版「世界の広告費成長率予測」を発表。2年連続の成長見込みでコロナ禍以前を超える予想、電通グループ

電通グループは7月13日、世界58カ国、地域の市場から収集したデータをもとに数値化した「世界の広告費成長率予測(2022〜2024)」を発表。この結果、2021年に続いて2年連続の増加見込みとなり、その市場規模は7,385億米ドルになると予測されている。日本単体で見ても、0.8%ほどプラス成長する見通しだ。
>>>詳細レポート「Global Ad Spend Forecasts July 2022」(英語版のみ)はこちら

【図1】世界の総広告費の推移

【図1】によると、2022年の成長率予測はプラス8.7%の回復傾向。1月に行われた過去の同調査と比べて、0.4ptほど下方修正となったものの、変わらず需要増加の傾向にあると分かった。コロナ禍からの回復基調の継続はもちろん、世界的な各種スポーツイベントや主要国における選挙などによって、広告出稿が増えているようだ。この予測通りとなれば、19.6%の成長となった2021年と合わせ、2年連続でのプラス成長となる。

国別に見ても、北米、西ヨーロッパ、中央および東ヨーロッパ、アジア・パシフィック(日本含む)、ラテンアメリカ、中東など、全ての地域で成長率がプラス成長となる見通し。電通によると、市場規模のトップ5は、米国、中国、日本、英国、ドイツがランクインし、2022年に高い成長を見込める市場は、インド、米国、ブラジルだという。

この好調を支えているのは、昨年に引き続きデジタル広告。2022年の成長率予測は14.2%、総広告費に占める割合も、55.5%と半分以上になる見通しだ【図2】。媒体別に見ると、特に動画広告(プラス23.4%)、ソーシャルメディア広告(プラス21.9%)、検索連動型広告(プラス12.9%)が成長をけん引していると予測できる。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研

  2. Web完結型デザインサービス「ASOBOAD」が横断幕や垂れ幕、のぼり関連の受注を開始、AMIX

  3. 郵便局の店頭に屋外広告を掲出できる新プランが登場! 全国各地への一斉展開や地域を絞った展開も可能に …

  4. 大阪のランドマーク看板「大ぴちょんくん」で熱帯夜の注意喚起

  5. 話題の京急120周年事業、今度は生麦駅の駅看板をキリン生茶に

  6. 新社長・栗林治夫氏の就任を発表する記者会見を実施。今後の事業目標に「環境」「省人化」「DX/共創」の…

  7. JR渋谷駅西口の仮囲いが巨大な壁画アートに!? 著名な芸術家5氏を招いたアートプロジェクトを開始、T…

  8. インタラクティブな体験型展示イベントを7月25日と26日に開催 エプソン販売とSO-KEN

  9. 壁面のレールにチャンネル文字を引っかけるだけでLEDが点灯。非接触給電サイン「KAGAYAKI」を発…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP