「mineo」ユーザーを通信制限から救う屋外広告が登場。携帯電話のデータ容量を無料で受け取れるサービスを展開、オプテージ

独自の光ファイバーネットワークによる高速情報通信サービスを提供するオプテージは10月24日、JR新宿駅のメトロプロムナードで、自社の携帯電話サービス「mineo」のデータ容量を、QRコードを介してその場で受け取れる屋外広告「月末のギガ死」を掲出した。掲出期間は、同30日(日)までとなっている。

屋外広告は、月末の通信速度制限に悩む人の悲痛な叫びをイメージした巨大な文字で構成。月内のデータ容量を使い切ってしまい、携帯キャリアに制限がかかる「ギガ死」の状態を擬似的に体験できるサイネージ動画と合わせて、ユーモラスに展開した。

通信制限に悩む人の悲痛な叫びを表現

デジタルサイネージで通信制限の辛さを擬似的に体験できる

「mineo」のユーザーはポスターボードに掲載されたQRコードを読み込むと、もれなく834MBのデータ容量をもらえるという。この一見すると中途半端に思える容量は、「月末にやさしい(834)」の語呂合わせになっており、余ったデータ容量を全ユーザーで共有できる「フリータンク」など独自の機能も同時にアピールしている。QRコードによるデータ受け取りは、カメラやSNSなどでシェアされた画像でも可能で、受け取り期間は11月6日(日)までとなっている。

合わせて同社の多彩な独自サービスも紹介した

さらに、屋外広告だけでは見られない動画の続きを、Twitter上で見られるSNSキャンペーンも実施。mineo公式Twitterアカウントをフォローし、動画を見て感想をツイートしたユーザー1,000人を対象に、抽選でAmazonギフト券500円分が贈られるプレゼント企画も行われている。応募は掲出期限の10月30日まで毎日可能だ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペースを販売開始

  2. 駅からはじめるSDGs支援。日本初の募金型デジタルサイネージを設置、アド近鉄

  3. サムスン電子製品の展示会「NGC WorId 2023 in AOYAMA」を東京・青山で開催。最新…

  4. 日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

  5. impactTV 小型デジタルサイネージの下取り・買い替えキャンペーンを開始

  6. 【S&Dショウ2019】業界最大の広告資機材展、本日10時開幕

  7. 新しい総合カタログ「Graphical vol.10」をリリース。環境配慮製品や特殊粘着メディアなど…

  8. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出

  9. 京浜急行 トリックアートで立体的に見える「錯視サイン」を掲出

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP