新宿駅に野球グランドの土を使った巨大サンドアートを掲出、八月のシンデレラナイン

新宿駅構内に設置された、アカツキとKADOKAWAの協業によるスマートフォン用野球ゲームアプリ・八月のシンデレラナイン(ハチナイ)の「巨大サンドアート」が話題を集めている。野球ゲームらしい本物のグランドの土を使った表現は、甲子園の季節に相応しい夏を感じさせ、往来でも立ち止まり興味深く眺める人は多い。

試合中の躍動感を表現したというサンドアートは、ゲーム内で開催中の「八夏祭キャンペーン」に合わせて、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードに12日から18日まで掲出された。

グランドの土が使われたサンドアート

キャンペーンの一環として、山手線でラッピングトレインを8月18日から9月2日まで運行するほか、関西圏では阪神電鉄・阪神本線の西代駅〜梅田駅間の1編成をジャックしたアドトレインを8月6日から21日まで走行している。

さらに、甲子園駅西改札内くすの木ガラス面臨時シート7面にハチナイ広告を掲出。甲子園駅周辺では全日本高校野球選手権大会の日程に連動して、ハチナイうちわを配布する。うちわの配布期間は13日〜16日、開始時刻は7時からで各日無くなり次第終了する。

JR山手線ラッピングトレイン

ページ上部へ戻る