閉じる
  1. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出…
  2. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  3. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  4. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  5. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  6. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
閉じる
閉じる
  1. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム
  2. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  3. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、…
  4. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」…
  5. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  6. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイルスの感…
  7. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出…
  8. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
  9. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  10. 大型屋外ビジョンへプログラマティックOOH広告を配信開始、ヒット
閉じる

看板経営.com

サイン用の多言語バーコード「XPAND」。場所情報コードに対応

スマホで読み込むと母国語で内容を表示するサイン・看板用のバーコード「XPAND」コードが、来年1月から国土地理院の「場所情報コード」にも対応する。

XPANDコードは、サインや看板に細長いコードを貼るだけで多言語対策を可能とした、2016年8月提供開始の新サービス。最大100カ国語以上の母国語でサインの内容を表示するほか、列車の停車駅、地域の紹介動画、クーポンまで見ることができる。

来年1月中旬からXPANDコードが対応する「場所情報コード」とは、あらゆる場所や物を識別するための国際標準規格「ucode」体系の中で、国土地理院が発行・管理するものの一部。空間を緯度・経度・高さで細かく分け、それぞれにucodeのIDを割り振って、空間内の特定の位置と情報を結びつけるために活用されている。

これによって、場所情報コード登録済みのXPANDコードを読み取ると、通常のコンテンツとともに、場所情報コードに紐づけられたリンクも表示されるようになる。

>>運営企業サイト

関連記事

  1. 渋谷宮益坂に90㎡超の大型LEDビジョンが新設。12月1日から運…

  2. 屋外広告を意識して見るが半数

  3. ピアラ 郵便局の指定代理店登録により新たな客層に訴求可能へ

  4. 建設業の給与は5年連続で上昇。建設技能工の人手不足は長期化

  5. ネイキッド 8月下旬に都内初となる大型マッピング広告の実証実験へ…

  6. 防音・防塵シートを屋外広告の媒体化した新たなマッチングサービス

おすすめ記事

  1. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  2. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK
  3. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出、山手線
  5. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム
  2. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ
  3. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK
  4. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む
  5. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
ページ上部へ戻る