オフィスの改装を記念してスティーブ・ジョブズ氏の写真展を開催。新社屋ではハード面を大幅に刷新し働き方改革を促進 ハットリマーキング

ハットリマーキングは10月28日(土)~29日(日)の両日、リノベーションされたばかりの同社内で、写真家・小平尚典氏による作品展「STEVE JOBS+写真展」を開催する。起業家であるスティーブ・ジョブズ氏の軌跡を写真で紹介する内容になっており、入場料は無料。時間は10時~16時で、同社の新オフィスを披露するのも目的のひとつとする。

おしゃれな内装はもとより、ハード面も大幅に改良され、スタッフの働きやすさを一層高めたオフィスとなっている

同社では創業35周年を前に、オフィス内の大規模なリニューアル工事を実施。働き方改革を促進させるために、ハード面の大幅な刷新を図ったという。そのオープンを記念し、今回の写真展を開催。同展は、リンテックサインシステムやジェットグラフ、KABEGAと、多くのメーカー・販売店が協力会社となっている。

一方で写真家の小平氏は、1987年に米国の西海岸に移住し、日米を股にかけて活躍するフォトジャーナリスト。ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏など、長年にわたってIT関連の起業家たちを取材し、PCの発明に携わった偉人たちをまとめた「シリコンロード」など、さまざまな著作を残している。

このほか、同28日(土)の13時半~15時には、小平氏による無料特別公演「アートとテクノロジーが融合するジョブズ思考の未来」を開催。場所は、愛知産業大学の1号館1401号室で、定員は100人までとなっている。

スティーブ・ジョブズ氏の軌跡を紹介する写真展を、愛知県岡崎市の新オフィス内で開催する

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. サッカー日本代表の応援プロジェクトとして渋谷スクランブル交差点の7面ビジョンをジャック JFA

  2. 電通「日本の広告費」を発表。WebがTVを抜き、初の2兆円台へ

  3. JR山手線利用者に自動で広告をプッシュ通知できるWebプラットフォームのテスト運営が開始、スイッチス…

  4. 忍びの国 撮影秘話が書かれた雑学カード35種・2500枚を剥がす巨大ポスター

  5. 販促ツールの見本市「第63回PIショー 春 2021」が4月14日に開幕、ビジネスガイド社

  6. 200㎡超の巨大L字型広告ビジョンを表参道に新設。3D広告の制作もワンストップで対応、ヒット

  7. ブラザー工業 今年4月刷新の塔屋看板をライトダウン。7月7日まで

  8. 貼るだけで即効性がある抗ウイルスフィルム「キルウイルス」を開発、リディアワークス

  9. 東急電鉄 世界最大の新世代型LEDビジョンを渋谷駅構内に設置へ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP