【IGAS2018 レポート.2】FFGS、日本アグファ・ゲバルト

富士フイルム グローバル グラフィック システムズ(FFGS)

今年5月のドイツ・FESPA2018で注目を集めた大判UVインクジェットプリンター「AcuityUltra」を国内初披露。スーパーワイドフォーマットと総称される3.2m幅、5m幅対応の2ラインアップながら、最小液適量3pl(ピコリットル)のプリントヘッドによる高精細出力を実現している。インク色数は標準CMYK・Lc・Lm、オプションWhite。印刷メディア厚は0.1〜2.0㎜まで対応。その最大出力スピードは、毎時236㎡と圧巻の生産性を誇る。

UV-LEDインクジェットプリンター「Acuity LED 1600R」も実機出展によるデモンストレーションを行った。同機は、インク色数はCMYK・Lc・Lm・White・Clearの8種類を用意し、使用用途に合わせて8色から4色の間で選択可能。ホワイト、クリアインクの同時積層プリントなど、高精細で表現力豊かなプリント性能を実現している。出力スピードは最大毎時33㎡となっている。


日本アグファ・ゲバルト

UV-LEDインクジェッットプリンター「ANAPURNA H LED」をメイン出展。同機は、標準でボード&ロールメディアに対応し、1台で多彩な成果物を生み出す多機能型UV機と銘打たれている。インク色数はCMYK・Lc・Lm・Whiteを標準装備し、独立駆動型の高精細プリントヘッドによって、高品質と高生産性を両立。2m、2.5mのワイドフォーマットながら、最大解像度は1440×720dpiを達成している。3・5・7層などのマルチレイヤー印刷にも対応。

ページ上部へ戻る