【IGAS2018 レポート.2】FFGS、日本アグファ・ゲバルト

富士フイルム グローバル グラフィック システムズ(FFGS)

今年5月のドイツ・FESPA2018で注目を集めた大判UVインクジェットプリンター「AcuityUltra」を国内初披露。スーパーワイドフォーマットと総称される3.2m幅、5m幅対応の2ラインアップながら、最小液適量3pl(ピコリットル)のプリントヘッドによる高精細出力を実現している。インク色数は標準CMYK・Lc・Lm、オプションWhite。印刷メディア厚は0.1〜2.0㎜まで対応。その最大出力スピードは、毎時236㎡と圧巻の生産性を誇る。

UV-LEDインクジェットプリンター「Acuity LED 1600R」も実機出展によるデモンストレーションを行った。同機は、インク色数はCMYK・Lc・Lm・White・Clearの8種類を用意し、使用用途に合わせて8色から4色の間で選択可能。ホワイト、クリアインクの同時積層プリントなど、高精細で表現力豊かなプリント性能を実現している。出力スピードは最大毎時33㎡となっている。


日本アグファ・ゲバルト

UV-LEDインクジェッットプリンター「ANAPURNA H LED」をメイン出展。同機は、標準でボード&ロールメディアに対応し、1台で多彩な成果物を生み出す多機能型UV機と銘打たれている。インク色数はCMYK・Lc・Lm・Whiteを標準装備し、独立駆動型の高精細プリントヘッドによって、高品質と高生産性を両立。2m、2.5mのワイドフォーマットながら、最大解像度は1440×720dpiを達成している。3・5・7層などのマルチレイヤー印刷にも対応。


  1. 【IGAS2018 レポート.1】ミマキエンジニアリング、リコージャパン
  2. 【IGAS2018 レポート.2】FFGS、日本アグファ・ゲバルト
  3. 【IGAS2018 レポート.3】キヤノン、日本HP
  4. 【IGAS2018 レポート.4】ACCO、swissQ、セルカム
  5. 【IGAS2018 レポート.5】エプソン、ACS、ローランド
  6. 【IGAS2018 レポート.6】NSK、ESKO、SCREEN
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ミマキ製品を集結させた新JPデモセンターの開所式を実施。徒歩2分のショールームと合わせて41機種47…

  2. 2021年の世界の広告市場はコロナ禍前の水準を上回る。屋外広告もほぼ回復に、電通グループ

  3. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

  4. 「2022年度 新型コロナウイルスの影響について」のアンケート調査結果。約半数の企業で陽性者を確認し…

  5. 【HP Latexプリンター導入事例】アクト

  6. SNSで話題になった「はなまる」じゃない店舗看板。日本有数のうどんチェーンが手がけるはなまるな遊び心…

  7. 【HP Latexプリンター導入事例】イタミアート

  8. 東京ドームに横幅125m越えの大型リボンビジョンが新登場。施設内の全面リニューアルで完全キャッシュレ…

  9. 昨年に続いて過去最高値となる7兆3,167億円を記録。イベント・展示会の需要回復で、128.7%の大…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP