【IGAS2018 レポート.6】NSK、ESKO、SCREEN

日本製図器工業(NSK)

世界で最も使用される大判UVインクジェットプリンター「durst Rho」から、ボードとロールの両資材に高い対応柔軟性と生産性を持つP10シリーズ最新機「Rho P10 160」を実機出展。同機は最大印刷幅1600㎜で、解像度1000dpi時の出力速度は最大毎時100㎡を達成している。Durstの特徴である擦過性の高いインクも大きなウリ。

会場では、スーパーワイドフォーマット対応のカッティングマシン「kongsberg C」も出展し、大判サイズに特化したプリント&カットのワークフローを披露した。


エスコグラフィックス(ESKO)

ESKOの代名詞とも言える、抜き型不要のカッティングマシン「Kongsberg」。会場には、小型用途向けデジタルカッティングテーブル搭載の「Kongsberg XE」を実機出展した。

同機は紙器などのサンプル製作に最適なほか、多彩な特殊ツールを備え、段ボール、紙器、ソリッドボード、発泡材、ニスブランケット、ウッドパネル、多種のプラスチック材など、様々な資材を自動処理するスピード、パワー、柔軟性を大きな強みにしている。


SCREEN グラフィックソリューションズ

3.2m幅の大判UVインクジェットプリンター「Truepress Jet W3200UVⅡ」による出力サンプルを多数展示。同機は、実用画質での最大出力スピードが毎時150㎡の高生産機で、高濃度な白インクや多層印刷機能などを特徴とする。

会場では、大手出力会社のフォトビション・ジャパンが注力する最新サインシステム「ファブリックマウント」なども披露された。


  1. 【IGAS2018 レポート.1】ミマキエンジニアリング、リコージャパン
  2. 【IGAS2018 レポート.2】FFGS、日本アグファ・ゲバルト
  3. 【IGAS2018 レポート.3】キヤノン、日本HP
  4. 【IGAS2018 レポート.4】ACCO、swissQ、セルカム
  5. 【IGAS2018 レポート.5】エプソン、ACS、ローランド
  6. 【IGAS2018 レポート.6】NSK、ESKO、SCREEN
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. JAPANTEX2022 特別展示「第2回デジタルプリントインテリアフォーラム」が盛況裡に閉幕。最先…

  2. 【連載/第1回 ルーキーの足跡】CNCルーターのオペレーター、中村朋子さん

  3. 2021年 日本の広告費は10.4%増の6兆7,998億円。屋外広告は2,740億円とコロナ禍前の水…

  4. 【IGAS2018 レポート.2】FFGS、日本アグファ・ゲバルト

  5. 【連載/第2回 ルーキーの足跡】即戦力の営業マン、髙橋瑠之介さん

  6. 東証二部上場に伴う決算情報を発表、表示灯

  7. 屋外LEDビジョンに対する国民の印象調査を実施。8割以上が「印象に残る」と回答、ICA

  8. 社員が働く環境を第一に考えた新オフィスにリニューアル。併せて、アップル社の創業者・スティーブ・ジョブ…

  9. 【IGAS2018 レポート.4】ACCO、swissQ、セルカム

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP