ファミマ 緑・白・青の看板デザインで商標取得、小売業では初

ファミリーマートは、店舗のシンボルである看板に使用する緑と白と青のブランドカラーが「色彩のみからなる商標」として特許庁に登録されたと発表した。

“小売または卸売業務において行われる顧客に対する便益の提供”など4分類(35,36,39,43類)で、「色彩のみからなる商標」に登録されることは小売業では初となる。

ファミリーマートは、日本発祥のコンビニエンスストア(CVS)として1973年に1号店を出店し、現在では国内16720店・海外7176店の合計23896店を展開している。

ブルーとグリーンを基調色にしたブランドカラーは、1992年から使用をスタート。顕著な識別性があることから、このほど「色彩のみからなる商標」として特許庁に登録を認められた。

色彩の組み合わせは、緑色=PANTONE 361C・白色=CMYK:C0,M0,Y0,K0・青色=PANTONE Process Blue Cで、配色は上から順に緑色が商標の33%・白色58%・青色9%。

2017年9月には、コーポレートメッセージである「あなたと、コンビに、ファミリーマート」が、CVS業界初の「音商標」として特許庁に登録されている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 孤高のメス 医療ドラマにちなんだ絆創膏のピールオフ広告

  2. 9月13日と14日にデジタルプリントの資機材展「Digital Printing Expo 2023…

  3. 雑誌「看板経営」定期配送のご案内

  4. キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

  5. 屋外広告の接触者を自動探知してDM配信するダイレクトマーケティングのパッケージを提供開始、CCCマー…

  6. 5月の「消費予報」を発表。新型コロナの影響で意欲は過去最低、博報堂生活総研

  7. 埼玉・春日部 駅からイトーヨカードーまでクレヨンしんちゃん一色に

  8. 使用済みの屋外広告をアップサイクル! 売り上げは全てサッカーチームに寄付し、少年たちの未来を応援 パ…

  9. 全国どこでも出張可能な手書き広告専門Webサイトを開設、アド・ベンチャー

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP