京浜急行 トリックアートで立体的に見える「錯視サイン」を掲出

京浜急行電鉄は1月、羽田空港国際線ターミナル駅構内・2階改札付近に、文字が立体的に浮かび上がっているように見えるトリックアートの案内サインを掲出。目の錯覚を利用して通行人の注意を引く「錯視サイン」が導入された。鉄道会社がこれらの演出を案内に利用するのは、国内初の試みだ。

同サインは、まるで床に大きな矢印形の穴が開いているように見えるデザインで、空港到着ロビーに直結するエレベーターに誘導する内容となっている。実際は床に描かれた平面の絵だが、だまし絵になっており、通行人には立体的に浮き上がったように見える。

錯覚について研究する明治大学の杉原厚吉特任教授と協力し合い、工夫を重ねながらデザインが考案された。以前からわかりづらい場所にあったエレベーターに気付かせ、利用を促進する狙いがあるという。

京浜急行電鉄の担当者は、「利用者の歩行を妨げず、目を引く図柄で多くの人に情報を伝えられる」と話す。視覚に訴えるため外国人にも理解しやすいとみられ、今後の評判次第で、導入を増やすことも検討している。

一般利用者からも、「立体感が楽しい」という声が寄せられた。一方で、「面白いと思うけれど、歩きスマホをしていると素通りしてしまうかも」という意見もあり、今後のさらなる展開に注目が集まっている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. TBS・アンナチュラル 石原さとみさんら出演者の骨が浮かび上がる特殊広告

  2. 43%が「屋外広告を意識して見る」。オリコミサービスの屋外広告に関する意識動向調査

  3. 九州サイン&デザイン ディスプレイショウ 6月1〜2日に開催

  4. 日比谷に118.5mの巨大ゴジラが登場!? 日本初の屋外イベント

  5. ゴジラが17時をお知らせ! 最新映画をPRする特別仕様のLEDビジョンがJR名古屋駅に登場 ジェイア…

  6. アクティブな移動者に対して広告を繰り返し接触させると行動喚起につながりやすい、メトロアドエージェンシ…

  7. 伊豆半島景観看板大賞が新設

  8. ショウエイ UVプリンターを駆使した作品展示会。手すき和紙職人とコラボも

  9. 国内初、観光案内所にAI搭載の電子看板。「小梅ちゃん」が会話で案内

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP