閉じる
  1. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  2. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  3. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  4. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
閉じる
閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  6. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  7. youtube Liveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から…
  8. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン…
  10. ソーシャルディスタンスに関するPOPデザインを無料配布、スギタプリディ…
閉じる

看板経営.com

2月から6.75m以上の高所作業でフルハーネスが義務化。U字つり胴ベルト型は不可に

厚生労働省は2月1日、労働安全衛生法施行令(安衛法)と労働安全衛生規則(安衛則)の一部を改正し、施行した。
この政省令改正により、高さ6.75m以上の高所(建設業では5m以上で推奨)では、使用する墜落制止用器具(旧名称:安全帯)を「フルハーネス型」に原則化される。

「墜落制止用器具」として認められる器具 出典:厚生労働省

.
墜落制止用器具は、フルハーネス型を原則とし、高さ6.75m以上の作業で着用を義務付け。建設業では、5m以上でフルハーネスを推奨する。
看板の設置などで使う高所作業車でも、高さが6.75m以上のバスケット内で作業を行う際は、フルハーネスを装着することが求められることになる。ただ、既定の高さ以下では、「胴ベルト型(一本つり)」を使うことは認められている。

また、フルハーネスの義務化に伴い、墜落制止用器具自体の性能規格も見直される。2022年1月以降は、新規格に適合しないものはフルハーネス型であっても、高所作業では使用することができなくなる。

現行の規格品製造は、2019年7月末までだが、2019年8月以降は販売のみ。販売自体も旧規格は2022年1月1日までとなる。

経過措置(猶予期間) 出典:厚生労働省

関連記事

  1. 新宿駅に野球グランドの土を使った巨大サンドアートを掲出、八月のシ…

  2. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイル…

  3. 2019年4月の大阪三行合併で約400支店の看板架け替え見通し

  4. ザイマックス IoTセンサーによる看板の状態監視サービスを4月か…

  5. NewDays電子看板が243駅650台の大規模ネットワーク化

  6. リコー ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社を11月中に買収へ

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ
ページ上部へ戻る