まちなかのフラッグをアップサイクルした製品を提供するブランド「Ligaretta」の販売会を東京・丸の内で開催 大丸有エリアマネジメント協会

大手町・丸の内・有楽町地区で活動するNPO法人・大丸有エリアマネジメント協会は12月12日、アップサイクルブランド「Ligaretta(リガレッタ)」の第2回展示販売会を開催する。販売場所は、東京・丸の内の「Have a Nice TOKYO!」。期間は12月25日(月)までとなっている。

「Ligaretta」とは、丸の内仲通りに掲出されたバナーフラッグなどをアップサイクルした製品を提供するアパレルブランド。同協会で、2023年1月に立ち上げられ、廃棄削減と素材循環をコンセプトとする製品を開発・販売している。

この度、同8月開催された第1回に続いて、“まちを纏う”をテーマにした第2回の展示販売会を開催。過去に販売した商品ラインアップに加え、千鳥格子の地紋を採用したデザインなど、新商品も多数登場するという。

このほか、同ブランドの目的やアップサイクルの仕組み、まちへの熱い思いなどを解説した特別展示も実施。まちで使った素材を循環させる、新しいファッションの形をアピールしていく。

販売する製品は、コート、スカート、バッグ、ネクタイ、靴、名刺入れ、ミニトートバッグ、キャップなど多彩。バナーフラッグを主な素材とし、もとのデザインに印字されている社名ロゴなどの知的財産権の壁を克服するために、幾何学模様や千鳥格子を基調とした柄を採用している。特に千鳥格子は今回から初登場した新作で、丸の内仲通りの木々に隠れる小鳥がイメージされているそうだ。青やピンク、緑が鮮やかに映える白地のフラッグと千鳥格子の地紋を組み合わせ、丸の内仲通りに広がる緑の美しさと躍動感を表現している。

バッグやコート、スニーカー、名刺入れなど、多彩な商品を販売する

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. エプソン初となる純正測色器を発売。どこでも誰でも瞬間的に色の数値化が可能に、エプソン販売

  2. クラウド上で管理できるポータルサイトの開設で広告媒体の取り引きをDX化、湘南モノレール

  3. DTF対応のガーメントプリンター「SC-F2250/SC-F22H5」を156万円で7月26日から発…

  4. SDGsに関するアンケート調査を実施。企業の半数以上が「社内の省電力化・ペーパーレス化を進めている」…

  5. 41の協賛企業を集めたオンラインイベント「HP大判プリンターサミットオンライン 2020」が閉幕、日…

  6. 人流データを用いた独自の調査結果を発表、屋外広告による人の流れを可視化、クロスロケーションズ

  7. 卒業生の門出を祝い車内を先生たちからの贈る言葉で埋め尽くした特別車両「贈る言葉ッス」の運行をスタート…

  8. 日本屋外広告フォーラム、定期総会で20周年記念式典の概要を報告

  9. 「聖闘士星矢」で東京・大阪の各駅をジャック展開。新作のアプリゲームをPR  Wanda Cinema…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP