シャッターを活⽤したアートプロジェクトでコロナ禍に苦しむ人々を⽀援、WALL SHAREとEndian

壁画を主軸とするプロモーションやイベント事業を手がけるWALL SHAREと、リラクゼーション飲料「CHILL OUT」を製造・販売するEndianは2021年3⽉、シャッターを活⽤した地域⽀援アートプロジェクト「CHILL ART」を東京・渋⾕エリアで実施する。新型コロナウイルスの影響で、甚⼤な経済損失を受けている飲食店経営者や不動産オーナーを対象に、シャッターアートによる認知拡⼤施策を提案していくという。応募期間は2⽉1⽇(月)~ 17⽇(水)。シャッターのサイズは不問で、対応エリアは渋谷区内に限るとしている。

3月には、応募のなかから厳正な審査を経て数カ所のシャッターを選定。WALL SHAREのアーティストが、CHILL OUTとコラボレーションしたイラストを描画していく。3~5日をかけてシャッターに直接描いていくため、製作中の様子やその時々のライブ感を楽しめるイベントとなっている。

SNSでの発信も自由なので、製作後はもちろん、製作中から通行人に対して視認性の高いアピールが可能。さらに掲載期間中は賃貸料を支払うため、オーナーにとって新たな収益確保にもつながる。なお、最低3カ月以上の掲載期間を設ける必要があり、直接描画のため、100%の原状回復は不可としているそうだ。このほか、シャッター提供者にはCHILL OUTが無償で提供される(185ml ×30本×10ケース=300本)。

コロナ禍で甚⼤な被害を受ける飲⾷店などへ向けて、何か⽀援出来ないかという考えから、今回の企画がスタート。同2社のコラボレーションが実現した。

>>>アートプロジェクトの詳細や応募についてはこちら

リアルタイムでシャッターにアートを描くため、話題性は抜群

掲出期間中は、シャッター提供者へ賃料が支払われる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 無料でタクシーに乗車しながら癒しの時間を体験できる期間限定のプロモーション企画を実施、ニューステクノ…

  2. 建設業の給与は5年連続で上昇。建設技能工の人手不足は長期化

  3. S&Dショウ2018 概況 UVプリントによる新次代へ

  4. 京急120周年 リラックマ15周年とコラボ。駅名看板や電車・バスの車両が特別デザインに

  5. 新色の白インクと新開発のメディア検出センサーを搭載した「Colorado」の最新モデルを発表。8月下…

  6. デジタルプリント壁紙に対する知見を深めるリアルイベントを開催、エプソン販売とLSS

  7. 7月9日に「ものづくり補助金セミナー」をオンラインで開催、日本HP

  8. 7月から日本の移動手段が変わる!? 電動キックボードの法改正を啓蒙する交通広告を東京・大阪の主要駅…

  9. 屋外広告の効果をリアルタイムで可視化できるクラウドサービス「OOH Analytics」の提供を開始…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP