広告効果をAIで可視化できる独自の車両広告サービスを開始。法人・一般ドライバー問わず契約者を募集、Essen

8月18日、屋外広告関連のサービスを提供する新会社、株式会社Essenが設立した。広告効果をAIで可視化できる車両屋外広告「WithDrive」を事業の柱としていくという。

現在、広告出稿無料キャンペーンを実施中。神奈川県川崎市内への出稿を希望する広告主を5社限定で募集している。

「WithDrive」では、人や車の動きを元に、AIがデータを算出。「車両に貼り付けた広告が閲覧される確率」と「車両の走行情報」をベースに、より高い広告効果を期待できる場所と回数を統計的に可視化する。車両を広告スペースとするため、掲出場所を限定せずにPRできるほか、AIによって費用対効果が見える化できる屋外広告媒体を実現している。

また、車両に広告を掲載したドライバーは、走行ごとの広告閲覧回数に応じて報酬が支払われるのも大きな特徴。法人はもちろん、普段の生活から収入を得たい一般ドライバーまで、幅広く契約申し込みを受け付けている。

なお、正式サービスの開始に先立ち、マーケティングコンサル会社のSALTが必要資金を出資。それだけでなく、事業計画のブラッシュアップやデザイン、マーケティング戦略に至るまでさまざまなサポートを行なっていくという。同じ川崎市中原区から生まれた企業として、強い縁と大きな可能性を感じたからだそうだ。

現在、神奈川県川崎市を中心に展開を開始。今後は随時、東京都内から地方都市部へと展開していく予定だ。

>>>広告出稿無料キャンペーンやサービスの詳細についてはこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 新宿駅前のLEDビジョンに新たな3D猫が登場。2画面を連動させた映像表現がSNSで話題に、SNC ソ…

  2. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー

  3. 画像編集業務を効率化する最新機能を紹介、アドビ

  4. 看板・広告資材の大手ECサイトが一新。検索機能が充実したほか、看板施工まで一貫受注できる新サービスを…

  5. 2022年度広告費の伸び率は1.1%増と大きく下方修正。企業が広告費を抑制する傾向に、日経広告研究所…

  6. 白度に優れるソフトクロスとエアフリー糊を採用したマット合成紙のIJメディア2種を発売 ニチエ

  7. 国交相 高速道路ナンバリングによる道案内スタート。2020年までに概成目指す

  8. 来年2月1日に「サクライフェア 2024」を開催。最新大判プリンターや環境対応IJメディアなどを一堂…

  9. 仙台市の商店街と連携しシースルー型のデジタルサイネージを設置。まちの回遊性向上に向けた実証実験を開始…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP