ゴジラが17時をお知らせ! 最新映画をPRする特別仕様のLEDビジョンがJR名古屋駅に登場 ジェイアール東海エージェンシー

東海道新幹線をはじめとしたJR東海系の広告媒体を手がけるジェイアール東海エージェンシーは11月6日、JR名古屋駅構内で、ゴジラシリーズの新作映画「ゴジラ-1.0」をPRする特別仕様のディスプレイ「ゴジラビジョン」を展開していくと発表した。ゴジラにちなんで、毎日午後5時が近づくと、ここでしか見られない「ゴジラ時報」を放映するという。掲出期間は、11月12日(日)までの予定だ。

「ゴジラ-1.0」は、11月3日に公開されたばかりの最新映画。戦後間もない1945年の日本を舞台に、突如襲来した巨大生物「呉爾羅(ゴジラ)」と闘う人間たちのドラマを追う内容となっている。キャッチコピーは「生きて、抗え。」。同シリーズでは37作目にあたり、生誕70周年の記念作品にも位置付けられている映画となっている。

同作品をPRするために、JR名古屋駅の銀時計前に設置されたLEDビジョン「名古屋エクスプレスビジョン」が、1週間限定で「ゴジラ-1.0」の特別仕様にリニューアル。壁面と床面に全長約5.5m、全幅約8mの巨大装飾を施した。あえてビジョンの大部分を覆い隠し、よりゴジラのグラフィックを強調するインパクトのあるデザインが採用されたそうだ。

さらに、口元と背びれが青白く光る仕様になっているのも特徴。今にも咆哮が聞こえてきそうな迫力のある姿を見られる。

そしてビジョン左側では、映画を告知する特別映像を配信。併せて毎日午後5時には「ゴジラ時報」も放映し、ゴジラの怖さや迫力をより感じられるコンテンツとなっている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 丸めて持ち運びできる超薄型・超軽量のLEDビジョンが登場。今までに実現できなかった狭所でのビジョン活…

  2. 香港にテニスコート5面分の電子看板

  3. SIAAマーク取得の抗ウイルスフィルムを新たに発売、リンテックサインシステム

  4. 自社YouTubeチャンネルでサインの製作過程を映像化したプロモーション動画を公開、オミノ

  5. 昇華転写IJP「TS100-1600」の発表会とイメージ・マジックの講演会をオンラインで実施、ミマキ…

  6. 市内の屋外広告を集めたパネル展「横浜サイン展」を本年も開催。看板の基礎知識を学べる解説やクイズも合わ…

  7. ミニチュア看板で昭和時代を再現! 手のひらサイズで光るカプセルトイ「なつかし昭和の看板」が発売 ハッ…

  8. 都営地下鉄新宿線のつり革に、消臭ポリ袋「ニオワイナ」の交通広告が登場。サンリオやマタニティマークとの…

  9. ヒット 大阪新御堂線沿いロードサイドに165㎡の大型LEDボードを新設

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP