パルコ店内にヴァーチャル広告を導入。リアル空間と仮想空間を組み合わせた広告展開を実施、パルコとPsychic VR Lab、KDDI

全国で商業施設を運営するパルコは1月25日、ARやVRを提供するPsychic VR LabとKDDIが共同で手がけている仮想空間「XRscape」を積極的に活用していくと発表した。

XRscape とは、5G回線や、VR、MRなどのいわゆるXR技術を融合させ、実在している都市空間にヴァーチャル上のWeb広告や動画コンテンツが浮かび上がっているかのような表現を可能にする空間メディア化ソリューション。対象エリアで特定のARアプリを起動すると、実在の空間にWeb広告などのコンテンツ映像が配信される仕組みだ。

屋外広告やデジタルサイネージなどの物理的な設置枠に関係なく、自由な空間に広告を配信可能。また映像だけではなく、ゲームなどのインタラクティブなものにも対応する。

パルコでは、KDDIの事業共創プログラム「∞の翼(ムゲンノツバサ)」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO1F「ナカシブ通り」と10F「ROOFTOP PARK」の2地点で仮想空間を導入。リアル店舗を仮想空間によってメディア化する施設として展開していく。

パルコは、これまでも2019年11月にグランドオープンした渋谷 PARCOにて、AR を活用したショーケース「SHIBUYA XRSHOWCASE」を展開するなど、XR技術に早くから注目。今後もさまざまな取り組みを随時実施していくという。

XR技術によって、リアル空間が仮想現実の世界に早変わりする

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「聖剣伝説」の歴代キャラクターが大集結。JR山手線をマナの力でジャック、スクウェア・エニックス

  2. 厚み9㎜以下の超薄型両面ディスプレイを共同開発。電車やバスの中吊り広告へ、JOLED

  3. 災害時の館内放送とサイネージ画面を同期する新サービス

  4. 高輪ゲートウェイ駅開業を記念して電子ペーパーを活用した中吊り広告を掲出、山手線

  5. ブラザー工業 今年4月刷新の塔屋看板をライトダウン。7月7日まで

  6. withコロナに役立つサイネージとLEDビジョンについてのウェビナー実施、アークベンチャーズ

  7. 練馬区初の屋外LEDビジョンが登場。地元の情報を発信する地域密着型メディアとして期待高まる、P&G商…

  8. 行きは応援!帰りは労い!大学入学共通テストに合わせて受験応援広告を展開、明治

  9. ラディウス・ファイブ AIが屋外・交通広告用の特大画像を生成する新サービスを提供開始

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP