エプソン初となる純正測色器を発売。どこでも誰でも瞬間的に色の数値化が可能に、エプソン販売

エプソン販売は12月8日(水)、分光測色方式の測色器「SD-10」を発売。同社純正の測色器としては、今回が初めてのリリースとなる。標準価格は98,000円(税別)の低価格帯で提供する。

「SD-10」は、見やすい液晶画面によって、誰でも瞬間的に色を数値化できるのが特徴。環状に並んだ9つの光源を使って、素早く正確に色を測定する。

9つの光源を使って正確に測色

IJメディア表面の形状を拾った測定ではないので、一度でより正確な数値を算出できるほか、布など凹凸のあるメディアにも対応。計測時間も他社の類似製品と比べて大幅に削減し、外部環境に結果が左右される心配も一切ないという。

これまでのアナログな色合わせでは、経験や知識といったオペレーター個人の勘所を重視していたが、専門的なノウハウに依存せずとも、簡単に使いこなせる。本体サイズはW35×H80×D80㎜、重さは190gとコンパクトで、なおかつバッテリー内蔵、ケーブルレスでの測定もできるため、打ち合わせや施工現場にもそのまま持ち運べるのも嬉しい。

さらに、Bluetoothに対応し、スマホと簡単に接続できるのも大きなポイント。スマホアプリ「Epson Spectrometer」と連動させれば、SD-10が測定した数値をそのまま画面上に表示するのはもちろん、他の近似色との比較や配色例、補色の提示といった応用的な使い方も可能だ。

本体は見やすい液晶画面付き。測定データはスマホアプリへ簡単に転送できる

また、同社大判IJPと純正ソフトウエアRIP「Epson Edge Print」「Epson Edge Print PRO」の機能と組み合わせれば、より細部まで表現した思い通りの色を出力できるだろう。販売目標台数は、1年間で約200台を予定している。

SD-10は、東京ビッグサイトで11月4日(木)から11月6日(土)まで開催される展示会「サイン&ディスプレイショウ2021」でも出品予定。同展のオンライン版では、設計者による製品説明も行っている。

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る