漫画「明日、私は誰かのカノジョ」の名シーンを関西弁に変換した交通広告が大阪・なんば、心斎橋エリアの各駅に登場 Cygames

Cygamesは5月29日、漫画配信サービス「サイコミ」で連載中の作品「明日、私は誰かのカノジョ」をPRする交通広告を、大阪・なんば、心斎橋エリアの各駅に掲出していくと発表した。掲載期間は、6月4日(日)までを予定している。

同作品は、「恋愛感情を売り物にしてこの世を生き抜く女たち」をテーマに、現代の日本のどこかに存在する彼女たちのありきたりな地獄をリアルに描く、著者・をのひなお氏によるビターラブストーリー。「第68回(2022年度)小学館漫画賞」の少女向け部門で受賞作品に選ばれ、累計発行部数は500万部を突破、5月にはテレビドラマのシーズン2が放送されるなど、「サイコミ」のなかでも看板作品のひとつとなっている。

交通広告では、大阪の土地柄に合わせて、作品内のキャラクターが関西弁で喋るビジュアルを採用。各ヒロインの名言、名シーンが関西弁バージョンになって再現されるデザインとなっている。作品内の舞台は東京としているものの、その等身大の悩みや生きざまを「現代のどこにでもいる女性たちの姿」としてより身近に感じてもらうために、あえて大阪エリアで展開したそうだ。

各キャラクターの印象に残る名シーンが、関西弁で再現されている

これと連動して、漫画本編が関西弁に変換された特別バージョン6話分を「サイコミ」で無料公開。普段とは異なる各キャラクターの雰囲気を楽しめる内容になっている。対象話は、51話、63話、85話、117話、126話、145話。

>>>「明日、私は誰かのカノジョ」関西弁バージョンはこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 屋外広告の接触者を自動探知してDM配信するダイレクトマーケティングのパッケージを提供開始、CCCマー…

  2. VTuberの新ユニット「Dev-f」デビューを記念した巨大屋外広告が登場 ソニー・ミュージックエン…

  3. 地元スポーツチームへの応援メッセージがデザインされた屋外広告を発売、長田広告

  4. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム

  5. 「HP大判プリンターサミットオンライン 2020」が8月7日に開幕。20日からはウェビナーを実施

  6. 道頓堀のグリコ看板にドナルド登場

  7. さまざまなデータを自動生成できるAIを活用し、映像コンテンツや調査レポート、プレスリリースの自動作成…

  8. IJメディアの人気シリーズ「バンドーグランメッセ」からエア抜け性能を高めた簡易施工タイプが新登場、バ…

  9. 日本初上陸となる全自動スクリーン印刷機を紹介するWebセミナーを開催、理想科学工業

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP