インクジェット出力でデザイン性と機能性を両立させたオリジナル吸音パネルを開発、エプソン

セイコーエプソンとエプソン販売は10月14日、大建工業と協働で、機能性とデザイン性を両立させたオリジナル吸音パネル「OFF TONE オフトーン マグネットパネル N インクジェット特注対応」を開発したと発表した。

このオリジナル吸音パネルは、張地にエプソンの昇華転写プリンターで出力し、吸音効果はそのままにデジタル捺染ならではの美しい絵柄を演出。デザイン性の高いインテリアの一部として快適な空間を提供する。多品種少ロットを強みとするデジタル印刷により、オリジナルのパネルが1枚から提供可能となる。

さらに、エプソンのインクジェット技術により、精密な高画質印刷で、複数枚の吸音パネルを組み合わせて1枚の作品となるようなプリントも実現。まるで絵画を飾るようにインテリアを楽しめる。病院、オフィスなどさまざまな場所で、残響コントロールの機能性とデザイン性を両立したパネルで空間を彩る。

エプソンクリエイティブスクエア赤坂での活用例

なお、吸音パネルとは室内での音の反響を軽減し、会話のしやすい空間を提供するもので、オフィスや会議室などの反響音防止をはじめ、病院、学校における空間環境の改善に効果がある。昨今、オンラインでのコミュニケーション機会が増え、テレワークスペースなどのプライベートな空間へのニーズも急増。吸音パネルがあれば、大掛かりな工事をしなくても、快適な音環境を整えられる。

オリジナル吸音パネルは10月12日から、エプソンのショールーム「エプソンクリエイティブスクエア赤坂」の会議室で利用しており、展示会初披露となるメディカル建築デザイン展の終了後も見学できる。

>>>見学の予約はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 全国のオフライン広告をワンストップ管理するプラットフォームの正式提供を開始、ビズパ

  2. 「聖剣伝説」の歴代キャラクターが大集結。JR山手線をマナの力でジャック、スクウェア・エニックス

  3. エプソン初となる純正測色器を発売。どこでも誰でも瞬間的に色の数値化が可能に、エプソン販売

  4. 文化施設でAR体験アプリの展示開始、京都伝統産業ミュージアム

  5. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  6. 東急エージェンシー、ソフトバンクなど5社 データ活用で広告価値を算出する実験を実施

  7. 屋外広告のナビゲーションサイト「KEIO AD SQUARE」を開設 京王エージェンシー

  8. グッズ製作会社によるアニメライセンスの特別授業が大阪デザイナー専門学校で開催、シンクイノベーション

  9. Osaka Metro本町駅に大型トリックアートが登場。通行する方向で全く異なるビジュアルに変化する…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP