閉じる
  1. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  2. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
  3. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  4. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
  5. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  6. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
閉じる
閉じる
  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019…
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
  6. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペ…
  7. まちなかの広告媒体をカンタンに注文できるwebサイト「BIZPA」のベ…
  8. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP
  9. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  10. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
閉じる

看板経営.com

高田馬場駅に大正製薬初の単独LEDビジョンが登場、10月1日に稼働開始

高田馬場駅の早稲田口に、サイズH1940×W3450㎜・面積6693m²のLEDビジョンが、新たに登場。

これは、大正製薬が新規プロモーション媒体「大正製薬VISION WALL」として10月1日から展開するデジタルサイネージで、同社初の単独の屋外LEDビジョンとなる。西武新宿線、JR山手線、メトロ東西線の3路線が乗り入れ、大学や高校などの学生も多い高田馬場駅の特性に合わせ、駅利用が楽しめる有益な情報を発信するとしている。

ラグビー日本代表のオフィシャルパートナーである同社。W杯開催期間と重なる稼働開始時には、自社のブランド情報のほか、ラグビーに関するニュースやトリビアなど、「ラグビー」をメーンとしたコンテンツを提供する予定だ。

LEDビジョンでは、プロモーション情報だけでなく、健康に関するものや災害時のインフラ情報などの配信も交え、話題性のあるコンテンツとともに、駅利用者の生活に有益な情報発信に努めていく。
.

大正製薬VISION WALLの概要は以下のとおり。
・サイネージサイズ:H1940㎜×W3450㎜(LEDビジョン1面仕様)
・上部ロゴ等表示部分:H260×W2200㎜
・シートサイズ:H2000㎜×W1790㎜

関連記事

  1. DeNA どん兵衛ラッピングの0円タクシーを都内で50台走らせる…

  2. 日本HP ユーザー向けイベントを18日に開催。Latex115や…

  3. 新宿駅にZ戦士が大結集。悟空がフラッシュで“変身”する広告に話題…

  4. NEC 新通信規格対応の鉄道車両向け車内DSシステムを販売開始

  5. 長野県上伊那地方 野立て看板の撤去、最大2万円まで補助

  6. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap…

おすすめ記事

  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 2019
  2. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、JR四国
  3. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3機種を発表、エプソン
  4. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏
  5. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 2019
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がりを予測、LSS
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
ページ上部へ戻る