パーキング「タイムズ」運営のパーク24 創業50周年に向け新CI・BIを再構築

駐車場運営やレンタカーなど、交通インフラのサービス提供を行うパーク24は12月、2021年の創業50周年を迎えるにあたり、CIBIの再構築を実施。新たにコーポレートロゴを制定するとともに、サービスブランド「タイムズ」のコンセプトおよびロゴのリニューアルを決定した。来年51日より本格運用を開始する予定だ。

CIでは、「We make life better-当たり前になる快適さを、次々と。」をスローガンに制定。新コーポレートロゴはアルファベットの「P」をモチーフに、知性を表現したブルーを採用し、動的なデザインとした。様々なつながりを社会に届け、インフラを創造していく企業像を表すために、「つながり」を表現するシンボルマークとしている。

「P」がモチーフとなった新コーポレートロゴ

一方で、同社ブランド・タイムズの新BIコンセプトは、「Mobility Link」。あらゆる交通手段を賢く、効率的に使い分けることができるよう、今後もサービスを展開し続けるという「タイムズ」の姿勢を表現した。ブランドロゴは、基本的に従来と同じデザインを踏襲し、さらなるブランディングと、訴求力、伝達力の向上を図った。

新ブランドロゴは、基本的に従来のデザインが踏襲された。

なおタイムズではBI変更に伴い、サービス名称も一部変更。駐車場サービスの「タイムズ」は「タイムズパーキング」へ、カーシェアの「タイムズカープラス」は「タイムズカーシェア」へ、ロードサービスの「カーレスキュー」は「タイムズロードサービス」にそれぞれ変更される。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 生産性が約2倍に向上したラテックスインク搭載プリンターを発売、リコー

  2. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒット

  3. 日本進出50周年を記念した大規模な屋外広告展開を実施。東京・大阪の主要駅をジャック メットライフ生命…

  4. 駅名サインが「京急かぁまたたたたーっ駅」に一新

  5. 豊島区 路上看板の対策条例

  6. SIAAマーク取得の抗ウイルスフィルムを新たに発売、リンテックサインシステム

  7. 京都駅の大型サイネージで京都四大行事のイメージ映像を放映、JR西日本コミュニケーションズ

  8. impactTV 小型デジタルサイネージの下取り・買い替えキャンペーンを開始

  9. Gallaxy 渋谷史上初の広告展開

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP