屋外広告の効果をリアルタイムで可視化できるクラウドサービスが原宿表参道ビジョンと連携開始、パス・コミュニケーションズとサーチ

国内の屋外大型ビジョンを多数保有するパス・コミュニケーションズは9月28日、AIによるクラウドサービス「OOH Analytics」を提供するサーチとの業務提携を発表した。今後は自社媒体である原宿表参道ビジョンにて、同サービスによるデータ連携を行っていく。

「OOH Analytics」は、媒体に設置したカメラの映像をAIで即時処理し、さまざまな情報をリアルタイムに可視化するサービス。広告視聴範囲の人数や性別、年代はもちろん、進行方向・滞留歩行状況といった視聴態度までAIによって即時に見える化でき、屋外ビジョンやデジタルサイネージといった映像媒体であっても、広告ごとの計測データを算出可能となっている。

そのため、例えば1人あたりの接触単価や視聴推計単価を割り出したり、リアルタイムデータからフレキシブルに出稿量や出稿期間の増減を調整するなど、データを基にした出稿計画を立てられるようになった。

両社はこれからも、「OOH Analytics」を積極的に展開。連携可能な媒体も随時追加させていく構えだ。

「OOH Analytics」を活用すれば、媒体の広告効果がリアルタイムで可視化できる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 人気の器具一体型外照式LED「アドビュー」シリーズに、出幅99㎜のコンパクトサイズを追加。屋内、間接…

  2. JR新宿駅構内にスロットマシンが登場⁉︎ NHK・BSプレミアムの特殊広告

  3. 6月15日17時からオンラインセミナー「型破りなPageWide XL Proで大判プリントを拡張し…

  4. ヘラルボニーが「全日本仮囲いアートプロジェクト」の全国展開を開始

  5. 脱炭素に向けて自社工場で使う電力を「100%再生可能エネルギー」に転換、イーストウエスト

  6. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート

  7. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク

  8. フードコートの呼び出しベルを使った動画再生に、DOOH配信プラットフォームを搭載へ

  9. 景観を損ねずに5G回線に対応できる、デザイン性に優れたフィルム型アンテナを開発。2025年に本格リリ…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP